戦前日本のユニバーサルバンク―財閥系銀行と金融市場

個数:

戦前日本のユニバーサルバンク―財閥系銀行と金融市場

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年01月26日 14時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 392p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815810047
  • NDC分類 338.21
  • Cコード C3033

内容説明

メガバンクの源流。証券市場が高度に発達した戦前日本において、三井、三菱、住友など財閥系銀行はいかにしてその隔絶した地位を築きえたのか。見過ごされてきた証券・国際業務を軸に、近世来の両替商がユニバーサルバンクへと発展する姿を鮮やかに示し、巨大銀行と金融市場の関係に新たな光を投げかける。

目次

証券・国際業務と金融市場
第1部 両替商から銀行へ―短期金融市場の形成(近世・近代における両替商の動向と銀行設立;為替と金融市場の展開―近世から近代へ;三井銀行の資金循環と季節調整―安田銀行と対比して;三菱銀行の資金循環と季節調整)
第2部 ユニバーサルバンクの証券業務と国際業務(有力銀行の形成と証券・国際業務;債券引受と債権市場―証券会社・地方銀行との関係を中心に;国際展開と外国為替業務)
第3部 ユニバーサルバンクの人的資源管理(三井銀行の人的資源管理;三菱銀行の人的資源管理)
金融市場の発展とユニバーサルバンク―戦後都市銀行へ

著者等紹介

粕谷誠[カスヤマコト]
1961年埼玉県に生まれる。1989年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。東京大学社会科学研究所助手、名古屋大学経済学部助教授等を経て、東京大学大学院経済学研究科教授、博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。