「大東亜戦争」はなぜ起きたのか―汎アジア主義の政治経済史

個数:
  • ポイントキャンペーン

「大東亜戦争」はなぜ起きたのか―汎アジア主義の政治経済史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月28日 18時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 1092/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809522
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C3021

内容説明

なぜ日本は「アジア解放の聖戦」という理念を揚げながら、アジア諸国を植民地とし侵略したのか。これまで誰も正視してこなかった松井石根と大亜細亜協会を中心とする汎アジア主義の視角から、「大東亜戦争」への道をトータルに読み解き、新たな歴史像を提示した渾身の力作。

目次

序論 「大東亜戦争」はなぜ起きたのか―汎アジア主義という視角
第1部 アジア主義の源流と展開(アジア主義の源流;戦前日本に見られるアジア主義の三類型;「島国」から「海の帝国」へ―長崎・大連・神戸)
第2部 「大東亜戦争」への転換をもたらした帝国要因(高橋財政下における帝国経済再編と体制間優位競争の始まり―日本帝国における汎アジア主義の政治経済的基盤;汎アジア主義における「インド要因」―高橋財政下の帝国経済再編とディアスポラによる反英の論理;汎アジア主義における「台湾要因」―両岸関係をめぐる日・英中間抗争の政治経済史的背景;汎アジア主義における「朝鮮・大陸要因」(一)―露帝国・ソ連及び中国に対する対抗ネットワークの生成
汎アジア主義における「朝鮮・大陸要因」(二)―「満州国」成立による汎アジア主義の変質)
第3部 松井石根と大亜細亜協会の活動(「大東亜戦争」と大亜細亜協会及び松井石根;日中戦争と松井石根;「イデオロギー・ネットワーク」としての大亜細亜協会;日中戦争の膠着と大亜細亜主義運動の昂揚;日中情報宣伝戦争)
結論 汎アジア主義の結末

著者等紹介

松浦正孝[マツウラマサタカ]
1962年東京都に生まれ、神奈川県で育つ。1985年東京大学法学部卒業。1992年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。東京大学法学部附属近代日本法政史料センター助教授、北海道大学公共政策学研究科連携研究部教授などをへて現在、立教大学法学部教授、北海道大学名誉教授、博士(法学、東京大学)。著書に『日中戦争期における経済と政治』(東京大学出版会、1995年、吉田茂賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。