近代世界の誕生〈下〉―グローバルな連関と比較1780‐1914

個数:

近代世界の誕生〈下〉―グローバルな連関と比較1780‐1914

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 01時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 403p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815809300
  • NDC分類 209.5
  • Cコード C3022

内容説明

一国史や地域史を超えて、グローバルな相互連関から「近代世界」の成り立ちを解明。イスラーム世界、インド、中国、日本をも視野に入れて、思想や科学技術の発展から、社会や宗教の再編、さらには近代芸術の誕生まで、新しい全体史に挑むグローバル・ヒストリーの名著。

目次

第3部 帝国主義時代の国家と社会(近代国家の神話とテクノロジー;自由主義、合理主義、社会主義、科学の理論と実践;宗教の帝国;芸術と想像力の世界)
第4部 変化、衰退、危機(社会的ヒエラルキーの再編;先住民の絶滅と生態系の破壊)
大加速―一八九〇‐一九一四年頃

著者等紹介

ベイリ,C.A.[ベイリ,C.A.] [Bayly,C.A.]
Christopher Alan Bayly。1945年、イングランド生まれ。オックスフォード大学卒業後、1970年に同大にて博士号取得。ケンブリッジ大学教授、シカゴ大学教授を歴任し、2015年に亡くなる。インド史、イギリス帝国史、グローバル・ヒストリーを専門とし、1990年にブリティッシュ・アカデミーのフェローに選出され、2004年にウルフソン賞を受賞。2007年にはナイト爵を受勲し、没後の2016年にトインビー賞を受賞

平田雅博[ヒラタマサヒロ]
1951年生まれ。青山学院大学文学部史学科教授

吉田正広[ヨシダマサヒロ]
1956年生まれ。愛媛大学法文学部人文社会学科教授

細川道久[ホソカワミチヒサ]
1959年生まれ。鹿児島大学法文学部人文学科教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MUNEKAZ

3
著者は近代世界の原動力を西洋世界のみに求めるのではなく、政治・経済・思想におけるグローバルな相互連関によって生み出された変化の連鎖に見る。個人的には「宗教」についての考察が興味深い。科学思想や世俗主義の発展から衰退したように見える近代の世界宗教だが、国家からの庇護を失ったことで、逆に内部での秩序が厳格化され、通信の発達とも相まってより集権的で強力な存在に生まれ変わったとするのは面白い。この辺は所謂「作られた伝統」の問題を想起させるところ。あと「全ての歴史家は、(中略)今や世界史家」の言葉は刺激的である。2018/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13301505
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。