対中借款の政治経済史―「開発」から二十一ヵ条要求へ

個数:

対中借款の政治経済史―「開発」から二十一ヵ条要求へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 263p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815808563
  • NDC分類 333.8
  • Cコード C3021

内容説明

戦後ODAの淵源ともいうべき対中借款は、いかにして始まったのか。草創期にあたる日清戦後から第一次大戦期の展開を多角的にたどり、帝国主義的理解の限界をこえて、国際環境と中国側の主体性も踏まえ新たな実像を描き出した、新鋭の成果。

目次

序章 政治経済史から見る対中国借款―東アジア、ナショナリズム・資源
第1章 経済的アプローチの模索―日清・日露戦争と対中国借款の起源
第2章 辛亥革命期の「支那保全」の試み
第3章 対華二十一ヵ条要求への収斂―華中・華南から満蒙へ
第4章 「日支親善」と第一次世界大戦―日中合弁企業・九州製鋼会社の設立
第5章 政治借款の展開と第一次世界大戦―「西原借款」再考
第6章 対中国経済外交の展開と商業会議所―第一次世界大戦下の中国の幣制改革をめぐって
終章 国際協調と「日支親善」のあいだ

著者等紹介

久保田裕次[クボタユウジ]
1984年山梨県に生まれる。2014年大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、大阪大学大学院文学研究科招へい研究員、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。