朝鮮燕行使と朝鮮通信使

個数:

朝鮮燕行使と朝鮮通信使

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月21日 02時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 699,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815808006
  • NDC分類 221.05
  • Cコード C3022

内容説明

燕行使494回、通信使12回―桁違いの巨大外交ルートが映し出す、しられざる東アジア世界の構造とは。琉球の位置づけや、日朝中知識人の学術交流、洪大容の中国行などを手がかりに、朝貢‐冊封体制論をこえて東アジア国際関係の実像を浮かび上がらせた、燕行使研究の決定版。

目次

朝鮮燕行使とは何か
第1部 一四‐一九世紀、朝鮮をめぐる東アジアの国際関係と国際構造(朝鮮の外交原理、「事大」と「交隣」;明清中国の対朝鮮外交における「礼」と「問罪」 ほか)
第2部 一六・一七世紀、朝鮮燕行使による中国観察と中国批判(一五七四年朝鮮燕行使の「中華」国批判;改革方案『東還封事』に見える趙憲の中国報告 ほか)
第3部 一八・一九世紀、燕行使と通信使における学術交流(朝鮮燕行使による漢学・宋学論議とその周辺―甲在植『筆譚』と中朝文化秩序;朝鮮通信使による日本古学の認識―朝鮮燕行使による清朝漢学の把握を視野に入れ ほか)
第4部 東アジアにおける洪大容燕行の意義(一七六五年洪大容の燕行と一七六四年朝鮮通信使―両者が体験した中国・日本の「情」を中心に;洪大容『乾浄〓( )会友録』とその改変―一八世紀東アジアの奇書 ほか)
第5部 朝鮮燕行録と使朝鮮録(日本現存朝鮮燕行録解題;使琉球録と使朝鮮録 ほか)

著者等紹介

夫馬進[フマススム]
1948年、愛知県に生まれる。1974年、京都大学大学院文学研究科博士課程退学。京都大学人文科学研究所助手、富山大学人文学部助教授などを経て、京都大学大学院文学研究科教授(2013年退任)。現在、京都大学名誉教授。著書に、『中国善会善堂史研究』(同朋舎出版、1997年、恩賜賞・日本学士院賞)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件