ヨーロッパ政治思想の誕生

個数:

ヨーロッパ政治思想の誕生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 02時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 262,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815807382
  • NDC分類 311.23
  • Cコード C3031

内容説明

権力と相互依存、暴政と同意など、「ヨーロッパ文化」の形成とともに生まれた、「政治」をめぐる多様な知の営みは、いかなる特質をもち、どのように展開したのか。一貫した眼差しによって中世政治思想を明快に描き出す。

目次

第1章 一二世紀人文主義と政治思想
第2章 教会法学と権力論の成長
第3章 アリストテレス政治学の衝撃
第4章 教会権力論の発展
第5章 政治共同体論の自立
第6章 教会論の転回
第7章 危機の教会論
終章 ヨーロッパ政治思想の誕生

著者等紹介

将基面貴巳[ショウギメンタカシ]
1967年生。1998年シェフィールド大学大学院歴史学博士課程修了(Ph.D.)。ケンブリッジ大学クレア・ホールのリサーチフェロー、英国学士院中世テキスト編集委員会専属研究員、ヘルシンキ大学歴史学科客員教授などを経て、ニュージーランド・オタゴ大学人文学部准教授、人文学部副学部長(研究担当)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

渡邊利道

5
これは面白かった。12世紀から14世紀にかけて政治が自律的な言説として成立して行く経緯を辿った本。ソールズベリーの政治共同体を身体として体系的に論じるものから、アリストテレス『政治学』再発見以前より政治を哲学的に分析する思考が生まれており、アリストテレス再発見はそれよりも大きな変容の中の一コマであるとする。そして教会論から権力論へとつなぎ、ダンテやマルシウスなどに知識人の参入と、教会から公会議主義へと至る流れの背後に、スコラ学の普及による言語コミュニケーションへの信頼の涵養を見る流れがすごく説得的だった。2018/10/15

たけぞう

4
12~15世紀の政治思想史の概説書としてまとまっていながら、研究史がきちんと扱われてて最近の成果も反映されているし、問題意識がはっきりしている。文章も素晴らしい。もっと早く読んでおけばよかったと思う。2014/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6962437
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。