戦後日本の資源ビジネス―原料調達システムと総合商社の比較経営史

個数:

戦後日本の資源ビジネス―原料調達システムと総合商社の比較経営史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月21日 02時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 331p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806880
  • NDC分類 561.1
  • Cコード C3033

内容説明

資源メジャーの台頭、新興国向け需要の急拡大のもと、日本の原料資源調達はどのような方向を目指すべきか?総合商社を軸とした戦後資源調達方式の成功を新たな視点で実証するとともに、曲がり角を迎えた戦後日本の資源調達システムの再構築へのヒントを、歴史的視野で提示する。

目次

原料調達システムと総合商社―課題と視角
第1部 分業型大量資源調達システムの形成と展開(大量資源調達システムの確立;鉄鉱石開発輸入と総合商社;総合商社・資源ビジネスの新展開)
第2部 原料調達システムの国際比較(ユーザー企業による垂直統合:アメリカ;単純化された長期契約方式:韓国;垂直統合方式の破綻:中国;資源メジャーの台頭と世界市場の変容)
第3部 総合商社の企業間システム(鋼材流通と総合商社;企業集団と総合商社)
資源ビジネスの過去と現在―総括と展望

著者等紹介

田中彰[タナカアキラ]
1967年兵庫県に生まれる。1995年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、名古屋市立大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミッキー

0
商社からみた鉄鋼製品の流通も解る出色の著作。資源ビジネスの日本ならではの発展がわかりやすい解説されている。名古屋大学出版会はいい本を続けてだすなぁと感心。2012/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4567899
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。