量子論に基づく無機化学―群論からのアプローチ

量子論に基づく無機化学―群論からのアプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 276p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806378
  • NDC分類 435
  • Cコード C3043

内容説明

分子の構造や反応の成否は、いかにして決まるのか?必要な数学的技法を基礎から身につけながら、無機化学を論理的に学びなおす、まったく新しい教科書。

目次

第1部 群論の基礎(群論入門;指標表の見方と使い方;錯体の対称性によって変化する軌道の帰属)
第2部 構造とスペクトル(群論と分子の振動;遷移金属錯体のd‐d吸収スペクトル;化学構造を支配する物理学的理論)
第3部 無機化学反応(無機化学における溶液論;溶液内の反応速度論;電子移動反応とその理論;化学反応を支配する物理学的理論;溶媒交換反応と配位子置換反応)

著者等紹介

高木秀夫[タカギヒデオ]
1954年三重県に生まれる。1978年東京工業大学理学部化学科卒業。1983年東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻博士課程修了。現在、名古屋大学大学院理学研究科/物質科学国際研究センター・准教授、工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gonta19

40
2010/7/13 仕事がらみで購入。 2014/3/12〜7/11 なかなか読み応えのある本。一般的な無機化学の教科書とは一線を画する良書ではあるが、いかんせん記述が難しい。が、本当に良い本だと思う。 数年後に読み直すと、より理解が深まるであろう。2014/07/11

こずえ

0
量子化学専門の人むけといった感じ。 化学科やマテ工の人たちに群論がどう応用されるかを知る上ではおすすめできる。2018/01/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/616723

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。