接続された歴史―インドとヨーロッパ

個数:

接続された歴史―インドとヨーロッパ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月22日 15時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 355,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806149
  • NDC分類 225.04
  • Cコード C3022

内容説明

世界規模の出来事が明確に意識されるようになった近世。オリエンタリズム論や構造論的アプローチを批判し、ムガルと西欧の交渉の現場で、人々の思惑と行動が絡み合い事件が展開してゆく「接続」の有り様を丹念に解きほぐす。現在最も注目される歴史家の仕事を凝縮した一冊。

目次

第1章 序論―抑制された摩擦の時代のムガルと西欧
第2章 一五四六‐六五年の西インド洋交易世界―ひとつの政治学的解釈
第3章 ムガル朝治下グジャラートとイベリア世界―一五八〇‐八一年の転換
第4章 一六〇〇年頃のポルトガル人とムガル朝とデカン政治
第5章 スルタン・ブラーキー伝説とインディア領―一六二八‐四〇年
第6章 イギリス東インド会社とムガル朝―サー・トマス・ローの時代とサー・ウィリアム・ノリスの時代
第7章 寺院と政治について―黄金郷としてのティルパティ

著者等紹介

スブラフマニヤム,サンジャイ[スブラフマニヤム,サンジャイ][Subrahmanyam,Sanjay]
1961年生。デリー大学のデリー・スクール・オブ・エコノミクスで博士号を取得後、フランス社会科学高等研究院、オックスフォード大学などの教授を務め、現在、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校の教授として活躍中。ポルトガルと南アジアを中心に、広く近世インド洋=ユーラシア史の分野で精力的に研究を展開している

三田昌彦[ミタマサヒコ]
1961年生。1994年名古屋大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、名古屋大学大学院文学研究科助教

太田信宏[オオタノブヒロ]
1969年生。2001年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。現在、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

これまでのオリエンタリズム論や構造論的アプローチを批判し、「接続」による新たな世界史像を切りひらく。