イギリス帝国からヨーロッパ統合へ―戦後イギリス対外政策の転換とEEC加盟申請

個数:

イギリス帝国からヨーロッパ統合へ―戦後イギリス対外政策の転換とEEC加盟申請

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月19日 14時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815805951
  • NDC分類 319.33
  • Cコード C3031

内容説明

EUの今日の発展を決定づけた戦後イギリス最大の外交転換を、帝国=コモンウェルス、英米特殊関係、対ヨーロッパ関係の困難に満ちた再編過程を軸に、徹底的な資料の博捜により解明、EFTAの設立など経済的要因も踏まえ、現在に続くイギリスとヨーロッパ関係の特質を浮彫りにした俊英による力作。

目次

戦後イギリス対外政策と第一回EEC加盟申請
第1部 西ヨーロッパ、コモンウェルスとの通商関係の変容(メッシーナ・イニシアティブとイギリス政府の対応一九五五~五六年;コモンウェルス特恵制度の揺らぎ一九五六~五九年―オーストラリア、ニュージーランドとのオタワ協定再交渉)
第2部 二つのFTA構想とイギリス対外政策の行き詰まり(ヨーロッパFTA案と政府間交渉の挫折一九五六~五八年;イギリス、カナダ間のFTA協議とその挫折一九五七年)
第3部 「三つのサークル」の交錯と第一回EEC加盟申請への道(EEC、EFTAの並立と英米関係の展開一九五九~六〇年;「新コモンウェルス」と南アフリカ共和国の脱退一九六〇~六一年;ケネディ政権の成立と第一回EEC加盟申請一九六〇~六一年)
第一回EEC加盟申請とイギリス対外政策の特質

著者等紹介

小川浩之[オガワヒロユキ]
1972年生まれ。1998年京都大学大学院法学研究科修士課程修了。2000年ロンドン大学経済政治学院(LSE)大学院国際関係史学部修士課程修了(MA)。2003年京都大学大学院法学研究科博士後期課程研究指導認定退学。京都大学大学院法学研究科助手、愛知県立大学外国語学部講師を経て、愛知県立大学外国語学部准教授、博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件