東アジアモンスーン域の湖沼と流域―水源環境保全のために

個数:

東アジアモンスーン域の湖沼と流域―水源環境保全のために

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 347p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815805258
  • NDC分類 452.93
  • Cコード C3044

出版社内容情報


東アジアモンスーン気候帯に位置する琵琶湖と中国雲南省の高原湖沼との比較研究を軸に、地球温暖化による気候変動や人間活動が、湖沼。流域環境に与える影響について、地理学、生態学、陸水学、水文学などの幅広い視野から検討し、保全策を探る。

目次:
第1章 東アジアモンスーン域の自然環境と植生
  1-1 東アジアモンスーン域の陸域生態系とその変化
  1-2 東アジアの気候・水文・地理
  1-3 中国西南地区の地質・地形特性
  1-4 中国の植生概観

第2章 東アジアモンスーン域の湖沼と河川
  2-1 東アジアモンスーン域の湖沼・河川の概況
  2-2 東アジアモンスーン域の河川流域
  2-3 内陸アジア湖沼群への温暖化影響
  2-4 雲南高原の湖沼と集水域
  2-5 中国平原湖沼の環境と生態系
  2-6 東アジアモンスーン域の湖をめぐる人と文化

第3章 雲南高原の湖沼と流域の環境動態――琵琶湖との比較研究を軸に
  3-1 地球物理的特性と環境動態からみた撫仙胡と琵琶湖の比較
  3-2 湖沼の地球科学的特性と環境動態
  3-3 流域環境の変化と湖沼
  3-4 湖の富栄養化の現状、変動経過、原因

終 章 東アジアモンスーン域の湖沼・流域の環境問題解決にむけて 


内容説明

人間活動や気候変動が湖沼と流域環境に与える影響を、幅広い視野から分析し、保全策を探る。

目次

第1章 東アジアモンスーン域の自然環境と植生(東アジアモンスーン域の陸域生態系とその変化;東アジアの気候・水文・地理;中国西南地区の地質・地形特性 ほか)
第2章 東アジアモンスーン域の湖沼と河川(東アジアモンスーン域の湖沼・河川の概況;東アジアモンスーン域の河川流域;内陸アジア湖沼群への温暖化影響―生態的氷河学の観点から ほか)
第3章 雲南高原の湖沼と流域の環境動態―琵琶湖との比較研究を軸に(地球物理的特性と環境動態からみた撫仙湖と琵琶湖の比較;湖沼の地球化学的特性と環境動態;流域環境の変化と湖沼 ほか)
終章 東アジアモンスーン域の湖沼・流域の環境問題解決にむけて

著者等紹介

坂本充[サカモトミツル]
1959年東京都立大学理学研究科博士課程修了。名古屋大学名誉教授、滋賀県立大学名誉教授

熊谷道夫[クマガイミチオ]
1980年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。滋賀県琵琶湖・環境科学研究センター総括研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。