トマス・リード―実在論・幾何学・ユートピア

個数:

トマス・リード―実在論・幾何学・ユートピア

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月20日 09時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 303,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815804787
  • NDC分類 133.3
  • Cコード C3010

内容説明

「常識哲学」の建設者リードと、新しい幾何学を発見した科学者にしてラディカルなユートピア論を構想した社会思想家リードの結びつきを問い、リードの知的体系の総体とそれが内包する現代性を明るみに出すとともに、新しい思想史の方法を拓いた力作。

目次

第1部 「トマス・リード」を読む(「忘れられた哲学者」;哲学的リアリズム、表象、失われた世界;リヴィジョニズムを超えて)
第2部 平行線が交わるところで(科学する哲学者;道徳哲学と経験主義のユートピア―「貧しき者は奴隷と化し、あたかも重荷を背負う獣のように」;未完成な機械の中のゴースト―「コモン・センス」と「神」という名辞をめぐって)
付録 リードのテクストから

著者等紹介

長尾伸一[ナガオシンイチ]
1955年愛知県に生まれる。1987年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、名古屋大学大学院経済学研究科教授。京都大学博士(経済学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報


リヴィジョニズムを越えて。――「常識哲学」の建設者リードと、新しい幾何学を発見し
た科学者にして、ラディカルなユートピア論を構想した社会思想家リードの結びつきを
問い、リードの知的体系の総体とそれが内包する現代性を明るみに出すとともに、新し
い思想史の方法を拓いた力作。


目次:
第Ⅰ部 「トマス・リード」を読む
 第1章 「忘れられた哲学者」
 第2章 哲学的リアリズム、表象、失われた世界
 第3章 リヴィジョニズムを越えて

第二部 平行線が交わるところで
 第4章 科学する哲学者
 第5章 道徳哲学と経験主義のユートピア
 第6章 未完成な機械の中のゴースト