帝国の銀幕―十五年戦争と日本映画

個数:

帝国の銀幕―十五年戦争と日本映画

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月21日 21時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 492,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815802639
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C3074

内容説明

戦時下、人々は映画に何を見たのか。プロパガンダ映画の発展を通して、「大日本帝国」の戦争と社会を鮮やかに描き出す―時代そのものが語る統制下の映画産業と創造性のあり方。

目次

第1章 束の間の平和から「非常時日本」へ
第2章 「歪んだ鏡」―革新官僚と映画法
第3章 一世を風靡した「文化映画」
第4章 支那事変と映画業界
第5章 「ヒューマニズム」戦争映画
第6章 「理屈の時期は終わった!」
第7章 チャイナ・ドリーム
第8章 新たなる戦争の前夜
第9章 統制の内在化
第10章 「打倒英米」―映画戦始まる
第11章 「魂の進歩」―新たな精神主義映画
第12章 戦意高揚としての娯楽映画―太平洋戦争中期
第13章 鉄棺の蓋が閉じる
第14章 「一億特攻隊」と米軍上陸

出版社内容情報

戦時下、人々は映画に何を見たのか? 全体主義統制下の映画産業と創造性の
あり方を凝視するとともに、「文化」映画、「ヒューマニズム」戦争映画、精
神主義映画等、戦争プロパガンダ映画の発展を通して「大日本帝国」の戦争と
社会を鮮やかに描き出した労作。≪2004年アメリカ映画メディア学会賞受賞≫