転職2.0―日本人のキャリアの新・ルール

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

転職2.0―日本人のキャリアの新・ルール

  • ウェブストアに132冊在庫がございます。(2022年05月16日 17時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 296p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784815608033
  • NDC分類 366.29
  • Cコード C0034

出版社内容情報

キャリアの常識は180度変わった。
今すぐ、転職のOSをアップデートせよ!

〝キャリアのオピニオンリーダー″として、いまメディア最注目!
米国・〝働き方″の最前線企業・LinkedIn日本トップの著者が、
「望み通りのキャリア」を手にするための、これからの転職の新ルールを指南する。

欧米型の雇用に変わるこれからの日本を生き抜く唯一の書、登場!

「今の仕事にやりがいはあるけど、上司とのそりが合わない……」
「会社の方針に疑問を感じてきたけど、転職して次の会社がブラックだったらどうしよう……」
「給料はいいし将来安泰な会社だけど、裁量が少なくてやりがいがない……」

やりがい、年収、人間関係、ワークライフバランス、会社の将来性、働く環境……。
何かを得ると何かを失う。転職とは〝トレードオフ″なもの。
何かを妥協しながら働くのが当たり前。

それがかつてのキャリアの常識だった。

しかし、新しいメガトレンドの登場によって、日本人を取り巻く環境は大きく変わった。
そんな新時代には、「正しい転職の価値観」と「正しい転職の方法論」を知れば、これまでの経歴に関係なく誰もが〝我慢しない自由な働き方″を手にすることができるのだ。

それを実現するのが本書で提唱する「転職2.0」。
転職のOSをアップデートすれば、
やりがい、年収、人間関係、ワークライフバランス、会社の将来性、働く環境……すべて同時に手に入れられる。

本書は、今起こっているメガトレンドを読み解き、
新時代に求められる5つの転職の思考・行動様式を、
「転職1.0(旧型のキャリアの価値観)」から「転職2.0(新型のキャリアの価値観)」へのシフトという形で解説する。

★「転職1.0」から「転職2.0」へ

・【キーコンセプト1目的】:「1回の転職の成功」→「自己の市場価値最大化」
・【キーコンセプト2行動】:「情報収集」→「タグ付けと発信」
・【キーコンセプト3考え方】:「スキル思考」→「ポジション思考」
・【キーコンセプト4価値基準】:「会社で仕事を選ぶ」→「シナジーで仕事を選ぶ」
・【キーコンセプト5人間関係】:「人脈づくり」→「ネットワークづくり」

内容説明

“働き方”最前線のグローバル企業LinkedIn日本代表がキャリアの常識をアップデート。どんどん転職した人がすべて手にできる時代。やりがい、年収、人間関係、会社の将来性、自由度―欧米型の雇用に変わるこれからの日本を生き抜く唯一の書。

目次

第1章 望み通りのキャリアを手にする「転職2.0」とは?
第2章 自己を知る―「情報収集」から「タグ付けと発信」へ1
第3章 自己を高める―「情報収集」から「タグ付けと発信」へ2
第4章 業界を見極める―「スキル思考」から「ポジション思考」へ
第5章 会社を見極める―仕事は「会社」でなく「シナジー」で選ぶ
第6章 広くゆるいつながりをつくる―「人脈づくり」から「ネットワークづくり」へ
第7章 転職を考えることは人生を考えること

著者等紹介

村上臣[ムラカミシン]
LinkedIn(リンクトイン)日本代表。青山学院大学理工学部物理学科卒業。大学在学中に現・ヤフーCEO川邊健太郎らとともに有限会社電脳隊を設立。日本のインターネット普及に貢献する。2000年にその後統合したピー・アイ・エムとヤフーの合併に伴いヤフーに入社。2011年に一度ヤフーを退職。その後、孫正義が後継者育成のために始めた「ソフトバンクアカデミア」で、ヤフーの経営体制の問題点を指摘したことを機に、当時社長の宮坂学など新しい経営陣に口説かれ、2012年にヤフーへ出戻る。弱冠36歳でヤフーの執行役員兼CMOに就任。600人の部下を率い、「爆速経営」に寄与した。2017年11月、米国・人材系ビジネスの最前線企業・LinkedIn(リンクトイン)の日本代表に就任。欧米型の雇用に近づきつつあるこれからの日本において、ビジネスパーソンが生き抜くための「最先端のキャリア・働き方の情報」を日本に届けることを個人のミッションとする。国内外の雇用事情に精通した「キャリアのプロ」として、NewsPicksアカデミア講師を務めるなどメディアにも多数登場し、転職や働き方について発信している。複数のスタートアップ企業で戦略・技術顧問も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

54
転職をポジティブに考えることのできる一冊。転職の目的は転職自体であってはならない。上位の目的は「自分株式会社の時価総額の最大化」であり、転職はその手段と捉え直すべきだというのが、転職2.0の軸となる。まずは自己を知ること、広くゆるいつながりをつくるところから始めてみたいと思った。2021/08/16

akira_1990

14
★3.5 労働人口の減少と終身雇用の崩壊により会社と個人が対等になることで、我慢を前提とする働き方は既に崩壊しつつある。 主体的にキャリアを構築するために重要なのは必要とされるスキルをいかに身につけるかである。 2021/05/30

さっちん@顔面書評

11
会社主体のキャリアから、個人主体のキャリアへの転換に関するヒントに溢れた本です。 第7章「転職を考えることは人生を考えること」の中にある『「いい会社」の基準が変わる』という話は正にそうだなと実感しています。 私自身、半年前に人生初の転職をして、物凄く満足しているのですが、それの原因が分かった気がしました。 個人のWILLを大事にする企業文化を継承し、発展させていきたいと思います。 また、女性が各ライフステージで仕事もプライベートも両方充実出来る世の中にしていきたいです。2021/04/14

まさき|リクルート×副業(Lステップ構築)

10
✅「スキル思考」と「ポジション思考」 ●スキル思考:何を目指すかがなく、 闇雲に英会話スクールや社会人大学・大学院に通ってみたりする→終身雇用、年功序列が当たり前の全前時代のみに通用する考え方 ●ポジション思考:目指すポジションが先にあり、 そのためのスキルを得たり、 そのための会社に転職したりする思考→ジョブ型中心となるポスト終身雇用時代のキャリア形成に必須の考え方 (p.51)2021/09/18

Takashi Takeuchi

10
「自分のスキルをタグつけする」が新鮮だった。この本を読んだまとめをnoteに上げている人も多いのでそちらも合わせて読んでみた。タグ付けのフレームワークを利用して自身のスキルを見直してみたい。2021/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17124798

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。