学術選書<br> 発酵学の革命―マイヤーホッフと酒の旅

個数:

学術選書
発酵学の革命―マイヤーホッフと酒の旅

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2020年07月11日 08時40分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784814002894
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1345

内容説明

マイヤーホップ(1884‐1951)は酵母菌がアルコールを生み出す過程を解明し、謎だった微生物の働きを明かして生命科学研究を新次元に押し上げた。発酵学に革命をもたらした「アルコール発酵の父」を知ってもらいたい!酒と料理を愛する化学者である筆者は、敬愛する先達の事績を訪ね世界中を旅した。マイヤーホッフのナチスからの逃避行の顛末を明らかにし、偉大な人物像に迫る。マイヤーホッフ発酵研究史と、筆者の旅の記録の二部構成。

目次

第1部 マイヤーホッフをめぐる旅(アルコール発酵解明の歴史;オットー・マイヤーホッフの時代;発酵研究史とマイヤーホッフ;マイヤーホッフをめぐる旅;マイヤーホッフの同時代人;筆者らの微生物研究)
第2部 旅の記憶―世界の酒・食・文化に触れる(ワインと料理をめぐるバイオの世界旅;カナダのバイオ会議後、アメリカ・ナパバレーへ(1980,07,18‐08,15)
ドイツの町々(1984,09,08‐25)
ヨーロッパのクリスマス(1989,12,10‐27)
パスツールの故郷、ドールとアルボア(1990,08,18‐)
年末のロンドンで国際シンポジウム(1992,12,12‐26)
スペインのヘレスとカディス(1993,06,20‐))

著者等紹介

木村光[キムラアキラ]
京都大学名誉教授。1936年京都市生まれ。京都大学農学部農芸化学科(発酵)卒業。塩野義製薬研究所勤務ののち、京都大学農学部助教授、同大食糧科学研究所教授を歴任。国際誌(Appl.Microviol.Biotech.)編集委員(1984~)、大学初の研究ベンチャー設立(グリーンバイオ代表取締役)など、活動は多岐にわたる。1999年紫綬褒章受章、米国工業微生物学会チャールス・トム賞受賞、2011年叙勲(瑞宝中綬章)受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生命科学研究の始まりといわれるアルコール発酵。その仕組みを解明し研究を新次元に押し上げたマイヤーホッフの事跡を訪ねる世界旅。