学術選書<br> 宅地の防災学―都市と斜面の近現代

個数:

学術選書
宅地の防災学―都市と斜面の近現代

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年03月08日 21時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784814002528
  • NDC分類 518.87
  • Cコード C1344

出版社内容情報

斜面災害は、人が手を加えた土地が牙を剥く「人災」である。高度成長期、バブル期の都市づくりを知ることで、次に備える必読の書。

内容説明

大災害の時代、平成…自然の猛威に翻弄される一方で、私達は「人災」の脅威を体験した。谷埋め盛土の緩い地盤、豪雨とともに頻発する地すべり―人の営みで変化した土地がいま牙を剥いている。この時代に、都市づくりと土砂災害の関係史を辿ることこそが防災の基礎になる。江戸から平成までの全国の災害地域史を追うことで、宅地のどこに地すべりの危険は潜んでいるのか、どのようにして斜面災害の芽は生み出されるのかを解き明かし、次の時代の防災を考える。

目次

近代以前
第1部 発生と拡大―都市と斜面災害の関係史(近代都市の試練と復興;家が買いたい―災害リスクの源流;高度経済成長と宅地斜面災害;オイルショック期―谷間の時代の宅地災害;バブルとその後遺症)
第2部 新たな危機―深刻化する宅地の斜面災害(予告された災害の記録;連続する地震災害;激甚化する豪雨―土砂に流される街;新たな公害の予兆―建設残土処理問題)
宅地の未来

著者等紹介

釜井俊孝[カマイトシタカ]
京都大学防災研究所教授。1957年東京都生。1979年筑波大学卒業(地球科学専攻)。1986年日本大学大学院修了(地盤工学専攻)。民間地質調査会社、通産省工業技術院地質調査所、日本大学理工学部土木工学科助手・専任講師・助教授、京都大学防災研究所助教授などを経て現職。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。