学術選書<br> 京都の庭園―御所から町屋まで〈下〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

学術選書
京都の庭園―御所から町屋まで〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 08時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784814001026
  • NDC分類 629.21
  • Cコード C1361

内容説明

御所・離宮や公家屋敷と寺社の町京都には歴史的な名庭園が数多く残されており、庶民もまたウナギの寝床と形容される独特の家屋「町屋」に趣向を凝らした庭を工夫してきた。将軍や大名の庭から庶民の園芸までが花開いた江戸や町人の文化が隆盛した大阪とはひと味もふた味も違う、世界遺産の都ならではの庭園の魅力をあますところなく描き出す。下巻は神社仏閣と町屋を紹介。

目次

第5章 寺社の庭園1(京都の寺社;徳川家菩提寺の庭園 ほか)
第6章 寺社の庭園2(寺社の観光地化;禅宗寺院の庭園1 ほか)
第7章 町屋の庭園(京都の町人;京都の町屋の庭園 ほか)
第8章 江戸時代の京都(山水河原者の消滅;東山の寺院の貸席 ほか)

著者紹介

飛田範夫[ヒダノリオ]
庭園史研究家。1947年東京に生まれる。1977年京都大学農学研究科博士課程中退。京都大学論文博士(農学)。受賞、日本造園学会賞。2003年度研究論文部門(『日本庭園の植栽史』)。2012年度技術部門(名勝楽山園整備事業)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件