ラズベリーブックス<br> 壁の花とワルツを

個数:

ラズベリーブックス
壁の花とワルツを

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 450p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812499665
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ある舞踏会で放蕩者の双子の伯爵と子爵、それに親友の3人は、観葉植物に隠れるようにたたずむひとりの女性を見つける。地味で目立たず、植物と本当に一体化したような女性だった…。弟からふざけ半分に“彼女を社交界の花にできるか”と賭けを持ちかけられ、伯爵アンブローズは軽い気持ちで応じる。彼女を誘い自信をつけさせ、似合わないドレスをぴったりなものに変える作戦だった。アンブローズはいつものようにただの賭けのつもりだったが、社交界の令嬢たちとは違い、内気ながらも率直なコーデリアに、いつしか本気で惹かれてしまって―放蕩者と壁の花の恋を描いた、表題作ほかキュートで楽しいシリーズ短編集!

著者等紹介

ヴァン・ダイクン,レイチェル[ヴァンダイクン,レイチェル] [Van Dyken,Rachel]
ワシントン州出身、アイダホ州在住。2011年にリー・サンダースとの共作The Parting Giftでデビュー。単独名義でも短編をコンスタントに発表。2013年のTHE BETは『ニューヨーク・タイムズ』紙ベストセラーリストの電子書籍フィクション部門で1位獲得

サンダース,リー[サンダース,リー] [Sanders,Leah]
高校で国語教師を10年以上務めたのち、2011年にレイチェル・ヴァン・ダイクンとの共作The Parting Giftで作家デビュー、単独作品も多数。アイダホ在住の4児の母

大須賀典子[オオスガノリコ]
1969年神奈川県生まれ、香港育ち。雑誌編集者を経て英米文学翻訳者に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ひまわり

4
挫折本。描写に乏しく状況説明もないままセリフだけで話が進んでいく。「おかしなドレス」というならどこが変なのか説明しないと気になるじゃない!読者はエスパーじゃないからね。2014/04/24

みぃ

3
★☆☆☆☆ 久々に脱落…あまり面白くなかった…(^_^;)2014/04/26

kazunorie

2
一作目は比較的面白く読めたけど、2作目から失速しました。パターンの踏襲が耐えられなかったカンジ。面白くないことがあると飲んだくれるのが当時の紳士のたしなみなのか?2014/07/05

みみ45

1
放蕩者?と思うくらい、あっという間にくっついていく、短編集でした。2020/07/24

Mei♪

1
久しぶりに面白くなくて、途中終了してしまいました。短編だから、中身があっさりは仕方ないけど、これは薄っぺら過ぎ!今まで本気の恋をした事も無かった男性が、一目惚れでも無いのに、あっさり恋に落ちる、それも皆。なんで惚れたのかもよく分からないし。ストーリーもいまいち!2014/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7994306

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。