タソガレ文庫
奇病探偵―眠れない夜

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 370p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812495568
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

気弱な青年の森田彼岸が潜り込んだJCDC―日本疾病管理予防研究所は、感染症については国内NO.1の研究所。だが所長の伊丹桜をはじめ、田崎美女らトップの研究者は、美人だがエキセントリックな言動で彼岸を圧倒する。しかも彼女たちは、さまざまな社会悪の原因となる特殊な“奇病”を追い、排除する奇病探偵でもあった!蔓延する自殺衝動、とある地域で急増するゴミ屋敷、とつぜん凶暴化する人々…。次々に研究所に持ち込まれる難事件を、田崎たちは周囲や彼岸に多大な被害を及ぼす、過激な手法で解決してゆく。だがその活躍を目にするうち、彼岸には疑問が生じる。どうして彼女たちはここまで手際よく対処できるのか。なぜ自分のような素人がこの研究所に受け入れられたのか―?やがて彼の危惧は最悪の形で具現化して…!?鬼才が描く傑作バイオニックサスペンスホラー!

著者等紹介

牧野修[マキノオサム]
大阪市生まれ。2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。2009年逝去した栗本薫の“グインサーガ”を書き継ぐプロジェクトに参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロくま

15
こんなハチャメチャメンバーが、バイオハザード扱って良いのかいな!と思いながら楽しく読んだ。表紙絵から重たいイメージを受けてしまったけど、ぜんぜんライトなホラー。でも虚構と現実、入り混じった疾患の数々には怖さを感じました。2015/01/23

眠る山猫屋

14
思いの外読み易い。想像を上回るようなグロさの病気もなかったし。物足りなさよりは、ギリギリ飽和直前のおぞましさは、まさに職人芸だと思う。できればもう少し長く濃く読みたかったかな。それと小栗と火村の行方、知りたかったような知らなくて良かったような。2015/08/11

miroku

13
強くてエキセントリックな女たちと、グロテスクな設定と。牧野さんらしい作品。2014/02/24

HoneyBEE

13
世にも不思議な疫病奇病を扱う研究所で働くことになった彼岸くんの物語。どこか怪しく危ない思考の持ち主ばかりの研究所、ゴミ屋敷に死体に暴力団、どこにつながっても生々しい表現につながるので食事時はご注意あれ。愉快だけど恐ろしい。寄生虫を使って色々と図る集団と小学生に間違われる彼岸くんが馴染むのが不思議。探偵というより復讐屋のような。2013/10/15

大福

11
牧野作品って、理解不能な事象や人物を多数登場させ、訳の分からないストーリー展開をし、無数の伏線を張り巡らせて読者を置いてけぼりにしながら、終盤で伏線を一気に回収、読者は「そういうことかあ〜!」とスッキリするというタイプのものが多い気がする。飴と鞭を上手く使い分けるヤクザの手口と同じというか。今作にそういった方向性を求めると肩透かしを食う。ラノベ的で、サクサク読める。こんな作風もあるのかと驚くが、求めてたのとは少し違った。異常なキャラが多数出てくるが、通常の先生の作品のキャラと比べると正常に思える。2017/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6858871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。