ラヴァーズ文庫<br> 不埒なセラピスト

電子版価格 ¥649
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫
不埒なセラピスト

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 207p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812492987
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

毎朝、満員電車でチカンの被害に遭っている益田愛音は、男ということが災いして、恥ずかしさのあまり、誰にも相談できずにいた。そして、決死の覚悟でたどり着いたのが、噂で聞いた怪しげなカウンセリングルーム。そこのセラピスト・十和田秀哉は、噂に反してとても優しそうな美男だった。しかし、愛音に適しているのは「催眠術」だと妖しい治療を施されてしまう!しかもその施術中に見る幻覚は、色んな人物に扮した十和田に辱められるというもので!!森の狼男、双子、ペットの飼い主…。様々な幻覚の十和田に恥ずかしい行為を迫られ、次第に不安になる愛音だが!?…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しちし

4
フェアのために購入 面白くなかったわけじゃないけど面白かったとも… 以上2014/01/21

saki@まったり更新中

3
積本消化中。フェアのため購入。森本さん読むの久々かも?(苦笑)タイトルまんま、不埒なセラピストでした(笑)このセラピストどこまでが確信犯だったんだろう?レーベルも濃い目なのでエロのバリエーションが豊富でした2014/09/17

モカ

2
催眠療法で眠らせられた受けが、その夢の中でセラピストの攻めと色々なエッチを体験するお話です。お話としては気楽に読めました。夢ということもあり、急にエッチが始まったりします。少々気になったのが受けの性格ですね。弱々しいのか、強気なのか・・・。イマイチ、キャラがわかりませんでした。2013/05/09

SAY

2
エロをいろんなシチュエーションで楽しむコメディです。エロとギャグを求める方にww2013/04/09

かすが

2
良くも悪くも森本さんらしい話。もう少しどこで好きになったのかとか具体的にわかった方が個人的には好きなのですが・・・。2013/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5674064

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。