Sukupara selection
尾木ママンガ ほめすく―叱らずほめて、すくすく子育て

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784812491676
  • NDC分類 599
  • Cコード C0979

内容説明

マンガになった尾木ママが“叱らずにほめて育てること”の大切さを教えます。悩めるママのお悩みに答えるコラムも大充実。

目次

子育てにイライラしたら「ちょっとだけ自分時間」素直に謝ることも大切よ
パパの子育ては「同じ時間を共有すること」が重要なのよ
怒ってしまいそうな時は「どうしたの?」って子どもの目線に立ってみて
子どもの「小さな変化」を見逃さないでそこを認めて「感動」「共感」
子どもと接する時間は「質」がポイント 合言葉は「一緒にやろう」よ
子どもが不安になった時は「自分で解決した体験」を思い出させてあげてね
パパを子育てに巻き込むには「ありがとう」の感謝と声かけから
家族の変化はママが背負い込まないで家族みんなの問題として取り組みましょう
苦労を共にして家族のきずなとコミュニケーションを強めましょ
子どもの「ウソ」は「嘘」じゃないの 気持ちに寄り添ってあげてね
思春期は絶好の成長期で自立期!優しく見守ってあげて
尾木ママも「ほめすく」で育ったのよ

著者等紹介

尾木直樹[オギナオキ]
1947年、滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学教授、教職課程センター長、早稲田大学大学院教育学研究科客員教授、臨床教育研究所「虹」所長。早稲田大学卒業後、中・高などで教員として22年間ユニークで創造的な教育実践を展開。現在も大学で教壇に立つほか、調査・研究、メディア出演、評論、講演、執筆活動にも取り組む。最近は「尾木ママ」の愛称で多数のメディアで活躍中

佐佐木あつし[ササキアツシ]
1985年、講談社にてデビュー。漫画家。株式会社エートゥーシー・プロダクション代表取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりあ

15
山登りが好きなパパやママがいる家庭で非行に走る子は一人もいなかった、らしいです。家族で一緒に苦労をして乗り越えることが、家族の絆を強くして、一生懸命がんばった達成感と成功体験が、自信や、自己肯定感につながり、次のチャレンジ精神への意欲が湧く。ということでした。子供の成長に感動しつつ育てるという気持ちを、忘れないように。2016/11/20

もも

1
忙しくても、怒らずに接していたい。叱らずほめることを心がけたいです。2014/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5546854

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。