竹書房文庫<br> くろねこルーシー〈上〉

電子版価格 ¥712
  • 電書あり

竹書房文庫
くろねこルーシー〈上〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 230p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812447628
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0174

内容説明

黒猫が鴨志田陽の前を横切った。「今ので753回目…黒猫が横切ると不吉な事が起こる。そんな迷信信じたくないが、こうも多いと気にならないほうがおかしい…」。リストラから心機一転、浄水器の訪問セールスを始めた陽だったが、全く売れずに、肩を落として歩いていると、目の前をまた違う黒猫が横切る。仕事もままならず、半同棲中の彼女から妊娠を告げられるも結婚に踏み切れない陽。そんな中、父の七回忌がやってきた。陽の父はかつて「黒猫占い師」として話題になり、家族よりも猫とばかり過ごしていた。陽は、父も黒猫も大嫌いだった。七回忌を済ませ、実家の父の書斎でうたたねしていると二匹の黒い子猫が現われた。その二匹は、かつて父が飼っていた黒猫のルーとシーに似ていた…。その二匹が、陽の人生に転機を与えることを、その時の陽はまだ知る由もなかった…。

著者等紹介

倉木佐斗志[クラキサトシ]
1985年、徳島県生まれ。アミューズメントメディア総合学院大阪校ノベルス学科に入学後、『犬飼さんちの犬』でデビュー

永森裕二[ナガモリユウジ]
1968年生まれ。愛知県出身。AMGエンタテインメントにて邦画製作担当プロデューサーとして現在までに映画・テレビの製作・原案・脚本を80作以上手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヨリヨリ

26
放送は見ていません。覚悟はあるかっ!!2014/05/27

ともとも

8
 かつての自分と、今は亡き父親、ルーとシーの黒猫と正面から 立ち向かいながらも、今の自分と世話に追われている黒猫二匹と 投影しているようにも見受けられます。  情けなくても、頼りなくても、辛くても物語の登場人物の不器用で、 何気ない優しさが、とても暖かくて、それに手伝ってか黒猫の無邪気さが 物語全体、読み手の心を包んでいく。 やっぱり猫って幸せを運んできてくれるのかもと本気で信じてしまうほど ほのぼのとさせられてしまいました。 2014/11/04

ううち

7
読みやすかった。下巻が見つからない…2013/04/10

さゆ

6
姉から借り本。文字量が少ないのであっという間に読了 映像は観てません。 黒猫占いてw2013/09/15

ゆう

6
『くろねこ』に惹かれて購入。スラスラ読める1冊です。父の7回忌を迎えたいま自分が父親になろうとしてる主人公が様々なシーンで父と過ごした時間を思い出す。『いまになって、やっと陽は思えた。父と、もっと話がしたかったと』ずっと嫌ってきた父に対してそう思えた主人公の今後が楽しみ。2012/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4255649

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。