立ちそば大全

個数:
電子版価格
¥838
  • 電書あり

立ちそば大全

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月12日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 233p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812441534
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0176

内容説明

立ちそば屋を人気チェーン店から駅ナカ、個性豊かな路麺店と都内だけでなく、北は北海道から南は九州まで食べ歩きました。日々進化を続けている立ちそばの意外に奥深い世界を紹介します。

目次

第1章 山手線1周立ちそば巡り(『大江戸そば』/東京;『後楽そば』/有楽町 ほか)
第2章 7大チェーン食べ歩き(『梅もと』;『笠置そば』 ほか)
第3章 私鉄そばの旅(京急『えきめんや』;小田急『箱根そば』 ほか)
第4章 激戦区食べ比べ新宿vs新橋(新宿編;新橋編)
第5章 日本全国立ちそば紀行(『ちほく』/北海道・札幌;『弁菜亭』/北海道・札幌 ほか)

著者等紹介

今柊二[コントウジ]
1967年愛媛県生まれ。横浜国大卒。定食評論家として首都圏をはじめ全国の定食・立ちそばの調査・研究を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

20
早い安いは勿論、美味しい「立ちそば屋」。そばやダシ、具などの独自のこだわりを見せる店も多くなってきている。山手線1周や7大チェーン食べ歩き、立ちそばの歴史など、その奥深い世界を紹介した本。2016/01/07

C-biscuit

18
Kindleアンリミテッドで読む。この本は関東を中心に立ち食いそばに的を絞った本であり、写真付きでお店とオススメメニューを紹介する本である。前半は山手線の立ち食いそばの紹介であり、最寄りの駅のそば屋も紹介されていた。もっとも、数年前に潰れたお店で、今は違うそば屋になっている。基本的にあまり美味しくないお店だったので(今のお店はうまい)それを基準に全体を判断。本なので悪くは言えないのであるが、調整が必要。それでも、駅にこだわらなければ美味しそうな立ち食いそば屋もあるようで、激戦区新橋に行って見たいと思った。2017/07/05

きゅうり

8
立ちそばの歴史とかチェーン店別比較とか、日本各地の立ちそば屋さんとか、いろいろあって面白かった。しかし何を食べても美味しいみたいで、もっと辛辣なコメントとか少しくらいあってもいいのではと思いましたが、まあ立ちそばですものね!小腹が空いた時にふらっと入れる、そんな存在がいいんですよね。そばの撮影写真も手作り感が溢れていました・・・2013/11/29

千冬

5
素晴らしき立ちそば愛。特に寒い日にあの出汁のいいにおいが漂ってきたときの堪らなさ。田舎には全く縁がないので懐かしさも。個人的には、富士そばのカツ丼セット、国分寺駅のだいごろうがとても好きで、時々思い出しては食べたくなります。2014/12/07

miwapicco

5
旅といえばこのシリーズ。ちょうど関東地方に向かったので臨場感バリバリー。福井の駅そばが載っていないのが残念(´-ω-`)2013/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/501019
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。