ラズベリーブックス
愛の誘惑は太陽の色

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 405p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812441473
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

堅物の外交官、イアンは突然、任地から帰国するよう要請される。理由はイギリスに滞在するイタリアの皇太子の娘、ルチアの結婚をお膳立てすることだった。夫の条件は貴族で、裕福で、カトリック教徒、期限はたったの6週間。おまけにスキャンダラスで美しいルチアは、愛のある結婚を望んでいた。用意した候補をことごとく断り続けるルチアに振り回されてばかりのイアンだったが、いつしか彼女の寂しさと強さ、優しさに惹かれるようになる。一方、外交手腕を発揮して自分を操ろうとするイアンに反発していたルチアもまた、仮面の下に隠された彼の情熱に気がついてしまう。だがイアンは一介の外交官。気持ちを隠して任務に励むイアンだったが…。奔放なイタリアのプリンセスと、生真面目なイギリス人外交官の恋の物語。

著者等紹介

ガーク,ローラ・リー[ガーク,ローラリー][Guhrke,Laura Lee]
サンタモニカ出身。ボイシ大学でビジネスの学位を取得。稼げるキャリアを追求してハリウッドでケータリング事業を展開していたが、30歳を機にアイダホに戻り執筆を開始した。これまでに多数のヒストリカルロマンスを発表、リタ賞ほか、数々の賞を獲得している

旦紀子[ダンノリコ]
東京生まれ。成城大学文芸学部英文学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

23
2作目で堅物オーラを放っていた外交官男子が、知己のある小国(現イタリア辺り)皇太子より彼の婚外子を嫁がせるよう依頼されるところから話が始まります。彼女ったらイタリア系の情熱的なゴージャス美女。婚外子だったりママが売春婦だったり彼女が情熱的すぎたり…と前途多難なものの、男子は候補者の貴族を何人かリスト化し…イライラしちゃうんです。自分が彼女を欲しいから。あの堅物が!?と周囲もびっくり。2作目で輝いていた娘ちゃんも登場し、楽しいお話でした。この作家さんの他の本も読んでみよう!2021/06/28

なにぬねのんたん(*^_^*)

6
シリーズ4作目。ルチアの行動はイギリス人とは違うみたいだけど、イタリア人はみんなこんな感じってこと?でもお父さんが怒るってことはやっぱりちょっと問題児なのかな?話はとても面白かったです。2018/05/24

ぽこ

2
温室はまずいでしょう。誰かに見てと言ってるようなもんじゃん。ヒロイン父がヒロインを修道院に入れた気持ちが理解できました。2014/03/05

まめ

2
ギルティシリーズ④ イタリア娘ルチア(王と高級娼婦の非嫡出子)×堅物外交官イアン(ディランの兄)2010/09/27

あさひ.a

2
二人の「VS」っぷりがイイ! ヒロインの前向きさが清々しくて好きでした。育った環境を考えると、もうちょっとひねくれててもよさそうなのに。2010/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/392490

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。