• ポイントキャンペーン

竹書房文庫
恐怖箱 怪痾

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812441114
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

内容説明

医療現場に携わる者にしか決して蒐集のできない、病院に関する戦慄怪異譚。わけあって今まで書くのに気が進まず、後回しにされてきた、とびきりの呪いと祟りにまつわる約70ページにおよぶ巻末収録作品「集団肖像画」を含む全10話。『怪医』『怪癒』につづく現役看護師の実録病院怪談シリーズ三部作完結編。

著者等紹介

雨宮淳司[アメミヤジュンジ]
1960年北九州生まれ。医療に従事する傍ら、趣味で実話怪談を蒐集する。2006年、実話怪談コンテスト「超‐1」にペンネームじぇいむで参加。同コンテストの優秀者によるアンソロジー作品『超‐1怪コレクションvol.3』(竹書房)に「直腸内異物」を発表。以後、「不思議ナックルズ」(ミリオン出版)にも医療系の異色怪談を発表。2008年に初の単著となる『恐怖箱怪医』を上梓(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。