ラヴァーズ文庫<br> 新宿退屈男―欲望の法則

個数:
電子版価格
¥628
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫
新宿退屈男―欲望の法則

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月18日 12時54分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 230p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812433683
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

眠らない街の闇に紛れて、大好きだった人はいなくなった…。新宿東署に勤務する刑事、竜野友紀は、事件の犯人を逃がしたという、“便利屋”の事務所を訪れていた。「逃がした覚えはあるが、その後は知らない」。便利屋の答えに、友紀は激しいショックを隠しきれなかった。友紀には、どうしても犯人を捜し出したい別の理由があったのだ。そんな友紀に、緋襦袢を羽織った奇妙な便利屋、早乙女は、犯人捜しの協力を申し出てくる。しかし、「報酬は刑事さんの『肉体奉仕』…」。妖しい条件を突きつけられたが、どうしても諦められない友紀は、屈辱に耐えて…。

著者等紹介

愁堂れな[シュウドウレナ]
12月20日生。東京都出身・在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

せ〜ちゃん

50
★★★ 読み放題で♡「新宿退屈男シリーズ」1冊目。 作者の「攻めに緋襦袢を着せたい」という野望によりできた作品との事…その襦袢がサスペンス調に進む話の鍵となっておりました。 美人の若い刑事:友紀(ユキちゃんと呼ばれてる)と、飄々とした便利屋:早乙女が事件を介して知り合い、あれよあれよとユキちゃんが早乙女にいいようにされてくお話♡ ユキちゃん流され過ぎ!! 警察と893と代議士が絡んだ展開はなかなか面白かったが、早乙女の持つ人脈が凄いだけで何だか都合が良すぎ?とも思ふ。 次は『新宿退屈男〜快楽の祭典〜』へ。2017/10/31

そらねこ

31
以前から読まなきゃと思っていたのですが、やっと読みました♡思ったより攻めが完璧なスパダリだったw逆にスパダリ過ぎるような気もしないでもない。イラストが奈良さんの素敵な頃…。やっぱりこの頃の奈良さんの絵は素敵♡2017/04/16

合縁奇縁

26
「新宿退屈男」シリーズ第1弾。新宿東署に勤務する刑事の竜野友紀は、兄の行方を探して便利屋を営む早乙女の元へやってくる。脇キャラもイケメン揃い。テンポよく進んで面白かった。肝心のお兄ちゃんは見つかるんかな。2018/01/04

辺辺

25
積本崩し。レーター狙い。退屈男シリーズ第1弾。攻に緋襦袢を着せるというコンセプトらしいですけど、奈良絵効果で結構似合ってるよ、笑。でも、この巻ではまだまだ攻と受の合意が無く、体先行だけのようで、お兄ちゃん見つかるかな?ゆきちゃん呼びがなんだか可愛いな。流され受だけどね、笑。2019/08/23

beniko

8
KU。シリーズ①。刑事の竜野が容疑者を追って行きついたのは便利屋の早乙女文人で、兄の死の真相を求める竜野が事件に巻き込まれ、文人の力で事件は一応は解決、兄についての手がかりも得る。直情径行であまり優秀な刑事ではなさそうな竜野は礼節と人情味に溢れた人で、実は経済的にもスペック的にも大物で超イケメンでスパダリの早乙女がいつどこに惚れたのか不明ながら、竜野を守り助けていく展開。都合の良さは感じるものの、刑事を辞めた竜野と、竜野に意外に本気らしい文人との体から落されたような関係、兄の行方などが今後の楽しみ。2021/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/437679
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。