カネと暴力と五代目山口組

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 289p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784812430439
  • NDC分類 368.5
  • Cコード C0095

内容説明

山口組にとって最も危険なジャーナリストが陰謀うず巻く五代目帝国の闇に斬り込んだ!!そして今、宅見若頭暗殺で囁かれる新たな疑惑とは。

目次

第1章 五代目体制がヤクザ気質を変えた
第2章 暴力団対策法と山口組の命運
第3章 山口組はバブル経済にどう翻弄されたか
第4章 山本広の死と総会屋
第5章 阪神淡路大震災とオウム真理教
第6章 裏社会のカネ詰まり現象
第7章 宅見若頭射殺
第8章 カネを追いかけるヤクザ
第9章 六代目山口組の成立
終章 陰謀うず巻く五代目山口組

著者等紹介

溝口敦[ミゾグチアツシ]
1942年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、出版社、広告代理店勤務を経て作家に。2003年には『食肉の帝王‐巨富をつかんだ男 浅田満』(講談社)で第25回講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。