子どもたちの生きるアフリカ―伝統と開発がせめぎあう大地で

個数:

子どもたちの生きるアフリカ―伝統と開発がせめぎあう大地で

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年10月23日 10時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784812216361
  • NDC分類 384.5
  • Cコード C3039

内容説明

人口十億人の半数を子どもが占めるアフリカ。彼らはどんな風景を眺め、どんなふうに家族や仲間と過ごし、遊び、学び、働いているのか。フィールドワーカーが現地で出会った子どもたちを主役に描き出す。アフリカの現在を学びたい人に最適の入門書。

目次

第1部 乾燥地に生きる(子どもの物質文化―ボツワナの狩猟採集民ブッシュマン;小さなイスラーム教徒たち―セネガルの農耕民ウォロフと遊牧民フルベ ほか)
第2部 サバンナに生きる(日常生活の中の学び―ケニアの牧畜民マサイ;大人顔負けの子ども組織―マリの農耕民マリンケ ほか)
第3部 熱帯雨林に生きる(森との向き合い方を学ぶ―カメルーンの狩猟採集民バカ(一)
学校と遊びの今昔―カメルーンの狩猟採集民バカ(二) ほか)
第4部 水辺に生きる(生物多様性の宝庫に生きる―マラウイの漁民、チェワ族とトンガ族;クルアーンを詠唱する子どもたち―マリの古都ジェンネで ほか)
第5部 都市に生きる(スラムで学び、遊び、働く―ケニアの首都ナイロビで;徒弟修行の若者たち―ガーナの産業都市クマシで ほか)

著者等紹介

清水貴夫[シミズタカオ]
広島大学教育開発国際協力研究センター研究員

亀井伸孝[カメイノブタカ]
愛知県立大学外国語学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。