環境民俗学―新しいフィールド学へ

個数:

環境民俗学―新しいフィールド学へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月21日 19時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 321,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784812208472
  • NDC分類 380.1
  • Cコード C3039

内容説明

グローバル化に翻弄され激しく変化する環境。かつて急激な近代化がもたらす負の課題に応えようとした民俗学のまなざしが、いまこそ求められている。本書は、自然環境という切り口で民俗学研究をあらたに展開しようとする試みである。あるいは、人と自然の相互関係を考えるフィールド科学の共有地としての民俗学という立ち位置から、環境という現代的課題に取り組む方向性を模索する試みであるともいえる。

目次

いま、なぜ環境民俗学なのか?
第1部 知識(フィールドでアニミズムとつきあうために―民俗的自然認識論;かかわり合うことの悦び―環境知識論;山に火をいれること―環境思想としての礼節 ほか)
第2部 資源(環境民俗学は所有と利用をどう考えるか?―資源所有論;水産資源をめぐる平等と葛藤―資源慣行論;棚田に生きる人々と水とのつきあい方―資源管理論 ほか)
第3部 言葉(民話の環境民俗学―猿退治伝説と猿害問題のあいだ―共同体生成論;「野生」の志向―天然記念物「奈良のシカ」をめぐる運動の歴史―環境言説史;生活改善と「村」の生活変容―民俗欲望論 ほか)
環境民俗学のこれから/これからの(ための)環境民俗学

著者等紹介

山泰幸[ヤマヨシユキ]
関西学院大学人間福祉学部准教授。東アジアをフィールドに、民俗文化の保存や活用を通じた地域活性化などに関心をもっている

川田牧人[カワダマキト]
中京大学現代社会学部教授

古川彰[フルカワアキラ]
関西学院大学大学院社会学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

いま、なぜ環境民俗学なのか? 急速なグローバル化に翻弄され激しく変化する環境。かつて急激な近代化がもたらす負の課題に応えようとした民俗学の〈まなざし〉が、いまこそ求められている。