上海租界興亡史―イギリス人警察官が見た上海下層移民社会

個数:

上海租界興亡史―イギリス人警察官が見た上海下層移民社会

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 355,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784812208403
  • NDC分類 222.21
  • Cコード C0022

内容説明

世界中の未公刊公文書と本人の書き残した書簡、写真を駆使して復元した無名のイギリス人警察官の人生を通して描く、上海租界の歴史。従来の中国近代史、日中関係史、治外法権社会のイメージを一変させる問題作。

目次

大英帝国の世界
上海に来るまで
上海一九一九年
上海工部局警察
上海の私服刑事
「男になることを学ぶ」
「古き良き中国」の終焉
われわれの知りえないこと
大英帝国世界内での漂流
大英帝国の法的死亡
後日談
われわれは死者である
追記 二〇〇八年

著者紹介

ビッカーズ,ロバート[ビッカーズ,ロバート][Bickers,Robert]
1964年生まれ。ブリストル大学上級講師を経て、同大学歴史学教授。専門は大英帝国史、中国現代史。Empire made meは、2004年アメリカ歴史協会のAHA賞受賞

本野英一[モトノエイイチ]
1955年生まれ。東京大学文学部東洋史学科、同大学院修士課程、博士課程修了。大学院在学中に、香港大学語言研修所、オックスフォード大学大学院留学(D.Phil取得)。東京水産大学専任講師、助教授を経て、早稲田大学政治経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大英帝国の公僕であった、ある無名のイギリス人の生と死に関する波瀾万丈の物語を通して、大都市・上海の激動の歴史を浮き彫りにする。