中高年の運動実践ハンドブック―指導者のための基礎知識

個数:

中高年の運動実践ハンドブック―指導者のための基礎知識

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 237p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784812207499
  • NDC分類 780.19
  • Cコード C3075

内容説明

運動・スポーツに遅すぎる歳はない。すぐに使える実践プログラムと専門医による解説。

目次

1 総論(今、なぜ運動・スポーツか?―超高齢社会を明るくするために;それでは、運動・スポーツとは何か ほか)
2 運動プログラムを組み立てる(筋力トレーニング;エアロビックダンス、ウォーキング ほか)
3 指導者のための内科学(中高年の特徴;中高年のスポーツ、なぜ危険なのか? ほか)
4 指導者のための整形外科学(運動器の問題点;各関節について ほか)

著者等紹介

大久保衞[オオクボマモル]
びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部教授(トレーニング健康コース担当)。1973年に大阪市立大学医学部を卒業。2年間の研修医のあと、整形外科学教室(故小谷勉教授)に入局、同時に大学院博士課程に進学、1979年修了、医学博士。当時、同教室の講師であった故市川宣恭先生(学生時代プロボクサー、講道館柔道6段、スポーツ万能)に出会い、ダイナミックスポーツ医学研究所の活動に1973年の設立当初より参加。その後大阪市立大学医学部助教授を経て2003年より現職、2007年4月より副学長、(医)貴島会ダイナミックスポーツ医学研究所所長(兼務)。自らの運動・スポーツの実践としては、3年前からNA‐SA(Nice Aging Skier’s Association)の会員として中高年のスキー活動に参加している

土井龍雄[ドイタツオ]
(医)貴島会ダイナミックスポーツ医学研究所副所長。健康運動指導士

池端裕子[イケバタヒロコ]
ハッピーファミリーグループ代表。健康運動指導士、NPO法人日本健康運動指導士会理事

尾陰由美子[オカゲユミコ]
有限会社アクトスペース企画代表取締役。健康運動指導士

竹尾吉枝[タケオヨシエ]
NPO法人1億人元気運動協会会長。健康運動指導士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。