「安全」のためのリスク学入門

個数:

「安全」のためのリスク学入門

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784812205280
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C0036

内容説明

交通事故、X線CT検査、BSE、紫外線…どうしても0にならない「リスク」とどう向き合うのか。

目次

第1章 今なぜ「リスク」なのか
第2章 放射線研究とリスクの歴史
第3章 自然界にも存在しているリスク
第4章 「リスク」という言葉をどうとらえるか
第5章 リスク受容に伴う問題点
第6章 安全・安心とリスク
第7章 リスク論への批判

著者等紹介

菅原努[スガハラツトム]
1921年生まれ。京都大学医学部卒業。京都大学医学部長、放射線生物研究センター長、国立京都病院長などを歴任。財団法人慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団理事長、京都大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。