JCA研究ブックレット<br> 就村からなりわい就農へ―田園回帰時代の新規就農アプローチ

個数:

JCA研究ブックレット
就村からなりわい就農へ―田園回帰時代の新規就農アプローチ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 64p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784811905532
  • NDC分類 611.7
  • Cコード C0036

目次

1 はじめに―田園回帰の中で多様化する農村に向かう理由
2 「就農定住」を掲げたかみなか農楽舎の18年
3 有機農業と結びつく若者の田園回帰―名古屋市と岐阜県白川町の現場から
4 なりわい就農を活かす定着の仕組みづくり―島根県邑南町の現場から
5 まとめ―なりわい就農者とともに次世代につなぐ地域づくりを
私の読み方 「なりわい」としての農業を取り戻す(筒井一伸)

著者等紹介

図司直也[ズシナオヤ]
法政大学現代福祉学部教授。1975年、愛媛県生まれ。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程単位取得退学。博士(農学)

筒井一伸[ツツイカズノブ]
鳥取大学地域学部地域創造コース教授。1974年、佐賀県生まれ・東京都育ち。専門は農村地理学・地域経済論。大阪市立大学大学院文学研究科地理学専攻博士後期課程修了。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。