コーヒー危機―作られる貧困

個数:

コーヒー危機―作られる貧困

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月09日 16時52分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 103p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784811902388
  • NDC分類 619.89
  • Cコード C0033

目次

第1章 コーヒー危機(危機、いったいどういう危機なのか?;コーヒーブームが崩れるとき ほか)
第2章 危機の原因(市場構造の変化:市場の管理が失われ、需給バランスが崩れている;市場の支配力の格差:ひどく貧しい生産者と大きな利益をあげる焙煎業者 ほか)
第3章 ニッチ・マーケット打開策になるか?いやいや、みんなにとってというわけでは(フェアトレード:希望の光;高価格のスペシャルティ・ブランド ほか)
第4章 危機からの脱出―行動戦略(需要と供給のバランスを取り戻す;品質を回復させ、生産性を引き上げる ほか)
コーヒー救済作戦―行動提案(コーヒー企業;政府や機関)

著者等紹介

村田武[ムラタタケシ]
1942年福岡県生まれ。現在は九州大学大学院農学研究院教授。経済学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

"コーヒー危機が深刻になってきている。華やかなコーヒー業界の裏側で何がおきているのか。2,500万人にのぼる世界のコーヒー生産者が貧困で苦しんでいる現状をあきらかにする。"

第1章 コーヒー危機
 危機、いったいどういう危機なのか?
 コーヒーブームが崩れるとき
 コーヒー産地の惨状
  飢える家族
  学校に通えない子どもたち
  医療サービスの悪化
  苦しむ季節労働者
  高まる麻薬作物栽培の誘惑
  国家の財政危機

第2章 危機の原因
 市場構造の変化:市場の管理が失われ、需給バランスが崩れている
  市場管理の崩壊
  巨大産地の参入:ブラジルとベトナム
  停滞する需要
 市場の支配力の格差:ひどく貧しい生産者と大きな利益をあげる焙煎業者
  利益はいったいどこに?…コーヒー豆が店に並ぶまで
  焙煎企業の力…危機のさなかに巨額の利益
  新しい栽培技術と加工方法:低品質の豆が市場に流入するのを可能にする
  新焙煎技術:最後の豆まで搾り出す
  多すぎるロブスタ種と少なすぎるアラビカ種
  集約的な栽培技術によって品質と地力が低下
 他に術なし:一次産品の暴落と農村開発の失敗
  コーヒーに代わる換金作物がない
  暴落する一次産品への依存
  あまりにも低い価値
  農村開発の失敗
  不十分な規制
  クスファムが行なっているコーヒー生産者との事業
オックスファムの事務所
あとがき