共生の社会学―ナショナリズム、ケア、世代、社会意識

個数:
  • ポイントキャンペーン

共生の社会学―ナショナリズム、ケア、世代、社会意識

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 00時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784811807928
  • NDC分類 361
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ、共生しなければならないのか。日本社会において共生は、どのように捉えられているのか。われわれは問題状況にどうかかわりうるのか。いま、もっともアクチュアルな4つの論題から読み解く。

目次

ナショナリズム(保守言論における「日本」と「危機」―カテゴリの更新を拒む言説とその限界;歴史教育内容の現状と、伝統の学び方のこれから;沖縄におけるネイションの位相と米軍基地)
ケア―ジェンダーと障害(ジェンダーカテゴリとマイノリティ―父子家庭が問いかけるもの;子育てとはいかなる営みか―責任・担い手の変容から;障害者権利条約からみた新たな意思決定支援)
世代(「青壮年/高齢」の区分をめぐって;世代間経済格差と世代間共生―共生策としての共助)
社会意識(「共生」にかかわる社会意識の現状と構造;戦後日本の社会学にみる学知の更新―『社会学評論』における「共生」言説の量的・質的変遷)

著者等紹介

岡本智周[オカモトトモチカ]
筑波大学人間系(大学院人間総合科学研究科)准教授。早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程修了。博士(文学)。専門分野:教育社会学、共生社会学、ナショナリズム研究

丹治恭子[タンジキョウコ]
立正大学仏教学部准教授。筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻修了。博士(ヒューマン・ケア科学)。専門分野:教育社会学、幼児教育・保育学、ジェンダー論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

22
共生概念は難しい。しかし、社会をただ解釈するだけでは、共に生きることはできない。そこが物足りなく感じた。2019/08/28

yo

1
大変面白い本だった。ナショナリズム、ケア、世代、社会意識それぞれの項目がどういった事柄で、どういう問題を抱えていたか説明が為され、区分やカテゴリ自体の更新にも言及されていく。 自分自身がカテゴリに分類した際に劣位に置かれるような人間だが、それでもこうして本の中で他の項目に触れた際に自分が何処かでは差別的であることを感じたり、 カテゴリ化されたどちらか片方を持ち上げたりする事は本来の目的や要求とは外れてしまうし、平等から程遠いということを改めて認識できた。体験としてよい読書だったしまた再度読みなおしたい!2020/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10837556

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。