漂流少女―夜の街に居場所を求めて

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

漂流少女―夜の街に居場所を求めて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月22日 23時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784811807393
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C0095

内容説明

援助交際、ネットカフェ暮らし、OD(オーバードーズ)…。夜の街を漂流する少女たちは何を考え、どこへ向かうのか。3000人以上の少女から話を聞き、彼女らを支えるフリーマガジン『VOICES』編集長・橘ジュンが伝える、“危うい少女たち”の日常と素顔。

目次

1章 街に立つ(歌舞伎の子―ヒカリ;少女を求める男たち;夜明けのSOS―アーニャ ほか)
2章 自分に罰を(隠れた傷あと―ユウ;声にならない叫び―カオリ;VOICESマガジン始動)
3章 夜の彷徨(夜の街で見つけて―チサト;家なき少女―アイ;初めての決断―アコ ほか)

著者等紹介

橘ジュン[タチバナジュン]
ライター。『VOICESマガジン』編集長。1971年、千葉県生まれ。十代の終わり、暴走族のリーダーとして取材を受けたことをきっかけに、ビデオ・レポーターやルポ執筆の活動を始める。2006年に街頭から声を伝えるフリーペーパー『VOICES』を創刊。これまで少女たちを中心に三千人以上の声を聞き、伝えつづけてきた。『スーパーJチャンネル』『NONFIX』などテレビでの活動紹介多数。メールやウェブサイトにも少女たちからの声・相談が多数寄せられている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。