癒しのセクシー・トリップ―わたしは車イスの私が好き!

電子版価格 ¥880
  • 電書あり

癒しのセクシー・トリップ―わたしは車イスの私が好き!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784811806235
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

目次

1章 隔離のなかの性的抑圧
2章 押しつけられた自己否定
3章 私のセクシュアリティー
4章 私のなかにもある差別するこころ
5章 車椅子で体験したアメリカ
6章 性差別の厚い壁
7章 キズの癒し

出版社内容情報

小さいときから、否定されてきた障害のある自分が、そのセクシュアリティをとりもどす遍歴のなかで、自己信頼を回復する。上野千鶴子さん評…自己否定感から自分をとりもどす闘い。それは遊歩ことUFOの前人未踏の冒険、こころとからだのトリップだ。

一章 隔離のなかの性的抑圧
   愛のかたちは愛しあってる二人が決める
   障害は治すものとの幻想にふりまわされる
   見方がだれもいない施設で暮らしはじめる
   「ごめんなさい」「ありがとう」を強要される
   私は医学のモルモットじゃない!
   こころをマヒさせて屈辱を乗りきる
   「怖い!」とさえ言えない気持ちを抱えこむ
   オーストラリアの医者は白衣さえ着ていない
   「あなたが好き」と言えなくなってしまった
二章 押しつけられた自己否定
   エネルギーの出口は怒りしかなかった
   就学差別の壁に阻まれる
   クラスのなかに点数以外の価値観が育つ
   自己否定感を抱えて閉じこもる
   追いつめられ、ひたすら死を思う
   癒しのひとときに身をゆだねる
三章 私のセクシュアリティー
   なかまと出会って街に出る
   車椅子をつかってもいいんだ!
   だれでも、たっぷり感じる心をもっている
   初恋にからだへの受容を追い求める
   自分が女性であることを確認したい
四章 私のなかにもある差別するこころ
   なぜ障害のない人める
   性差別にみちた結婚に打ちのめされる
   長きにわたった結婚願望もやっと幕!
   「イヤだ」という自分の気持ちを大事にする
   人を愛する気持ちにタブーなんてない
   セクシュアリティーにロール・モデルはない
七章 キズの癒し
   抑圧された感情を解き放ってキズを癒す
   コウ・カウンセリングは自己信頼を回復する
   泣いていいんだよ、怒っていいんだよ
   恐怖にみちた大人が子どもを追いつめる
   自分のこころを感じてことばにする
   一人ひとりの自己変革が社会を変える
   キズだらけの自己を抱きしめて立ちあがれ