食の文化フォーラム<br> 宗教と食

個数:

食の文化フォーラム
宗教と食

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月25日 19時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784810708110
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0036

内容説明

21世紀の世界は宗教と食を中心に展開するのでは。人間の最も根源的な営み、食べることと祈ることとの関わりを探る。「食と宗教」を問う初のこころみ!

目次

第1部 食にひそむ信仰(諸民族の信仰と食;先住民族の「世界知」と食―北西アマゾンの場合)
第2部 西方起源の「三宗教」(ユダヤ教―神との契約;キリスト教―聖体としてのパン;イスラーム―コーランとハディーズから)
第3部 インドから東へ(インド―ヒンドゥー教とジャイナ教;「功徳」を食べる人びと―東南アジア仏教徒の宗教実践と食;日本―道元と親鸞;食すること、信仰すること―人間にとっての根源的な二つの営み)
総合討論

著者等紹介

南直人[ミナミナオト]
1957年生まれ。京都大学文学部卒業。大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。大阪国際大学教授などを経て、京都橘大学文学部教授。専門分野は西洋史学、食文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テツ

20
ユダヤ教のカシュルートが真っ先に思い浮かぶが、それ以外にも古今東西ありとあらゆる宗教が食べてはいけないモノを規定してきた。信仰が礎となり育まれた不浄という概念。何故それを食べてはいけないとされたのか。食べることってそのまま生きることに直結するのだから民草が生きる指針を説く宗教もそこについて触れないわけにはいかなかったんだろうな。日常生活には全く影響しない知識だけれど面白かった。 2018/02/01

noko

3
宗教によって食べちゃいけない物があるのはなぜだろう。インド人にベジタリアンが多い理由とか、ムスリムが豚を食べない理由とか知りたかった。この本を読むと、少し理解できるかも。内容は専門的なので、宗教の予備知識があると良い。特定のものをタブーとするのは大宗教で発達したが民間信仰でもあり、タブーが集団を差別化し、タブーを共有する人々の連帯を強める。宗教食禁忌は食べ慣れない物への生理的拒否感があり、以前からあったタブーが宗教と結びつき強化された。ユダヤの戒律が厳しい。肉と乳を一緒にできないのでチーズバーガーがNG。2019/11/23

なつき

3
『食の文化フォーラム32 宗教と食』読了。タイトルの通り宗教と食との関係性を中心に論文が集まっていて、まさしくそのことを知りたいときにはもってこい、参照したい一冊だなと思った。全体を俯瞰するような概論から入り、民俗学的見地も含め、各宗教を論じてくれているのは非常にありがたい。2018/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8814313
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。