• ポイントキャンペーン

食の文化フォーラム
食とジェンダー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784810705256
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0036

内容説明

本書は一九九九(平成一一)年度に開催された味の素食の文化フォーラムの発表と討論をもとに、新たに原稿を書き下ろしたものである。

目次

“自明なるもの”を問い返すこと
第1部 食とジェンダーの諸相―人類学・民俗学の視点から(狩猟採集社会における食とジェンダー―性的分業と食物規制を中心に;「悪い魚」と「真の魚」―台湾ヤミの魚食における食物規制;韓国の食事の場にみられる老若・男女の空間分離;近代村落社会における調理担当者)
第2部 食の現在―ジェンダーの軛を解く(嗜好に生理的性差はあるか;「男と料理」を女の側からみると;メディアのなかの「食とジェンダー」―テレビコマーシャルを中心に;食べもの・女性・身体―拒食・過食からみえてくる女と食のぬきさしならない関係)
総括 食にあらわれるジェンダー―変わりゆく構造とそのゆくえ

著者等紹介

竹井恵美子[タケイエミコ]
1955年生まれ。京都大学大学院農学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(農学)。現在、大阪学院短期大学助教授。専門領域は民族植物学。共著に「生活文化を学ぶ人のために」「琉球弧の農耕文化」、共編著に「女性学年報第20号」などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。