「継次処理」と「同時処理」学び方の2つのタイプ―認知処理スタイルを生かして得意な学び方を身につける

個数:

「継次処理」と「同時処理」学び方の2つのタイプ―認知処理スタイルを生かして得意な学び方を身につける

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 173p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784810097368
  • NDC分類 378
  • Cコード C3037

目次

序章(学習方法とわかり方(認知の仕方)のミスマッチ!?
認知処理スタイル2パターンのうちあなたはどちらのタイプ?
あなたと子どもの認知処理のタイプは?)
第1章 認知発達の偏りから起こる学習のつまずきとは(認知発達の偏りとは;学力観の変遷;知能観と知能検査)
第2章 継次処理スタイルと同時処理スタイル―二つの認知処理スタイルとそれに応じた指導方法(二つの認知処理スタイル;子どもの認知処理スタイルに応じた教師の指導方法;認知処理スタイルを生かした長所活用型指導;5つの基本原則とそれを生かした指導例(漢字の読み書き))
第3章 認知処理スタイルを生かした通常学級での指導の実際(認知スタイルを通常学級の授業で生かすために;認知処理スタイルの特性を生かした通常学級での指導の実際;二つの認知スタイルを生かした指導とは)
第4章 認知処理スタイルを知るチェックリスト(認知処理スタイルを把握するには;認知処理スタイルを見分けるチェックリスト;知能検査を用いたアセスメント―知能検査の現状と日本版KABC‐II)
第5章 フィードバックを通じて自分に合った学習方法を身につける(アセスメント情報のフィードバック―KABC‐2の場合を例に;KABC‐2フィードバック面接の実際と効果)

著者等紹介

藤田和弘[フジタカズヒロ]
1942年東京生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科心理学専修卒業、東京教育大学大学院教育研究科博士課程単位取得退学。東京教育大学教育学部助手、筑波大学心身障害学系講師、助教授、教授、九州保健福祉大学教授、吉備国際大学学長を歴任。筑波大学名誉教授。日本LD学会名誉会員。S.E.N.S名誉会員。日本リハビリテーション連携科学学会名誉会員。日本K‐ABCアセスメント学会前理事長(現在は常任理事)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。