レジェンドへの挑戦状―フットボール奇論

個数:

レジェンドへの挑戦状―フットボール奇論

  • 提携先に40冊在庫がございます。(2021年05月08日 02時52分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784809416514
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

フットボールは残酷かもしれないが、その悲しみや切なさも大事な一部なのだろう。明暗は必ずあるものだ。救いがあるとすれば、その物語がどこまでも果てしなく続くことだろう。次に訪れる歓喜と熱狂を期待し、人はフットボールから離れられない。フットボールは想像を超える。深遠なる素晴らしき世界へようこそ!

目次

プロローグ
1 もしグアルディオラが日本代表を率いたら…
2 監督に名言は要らない
3 名言とリーダーシップを巡る話
4 カリダードが与えるカタルシス
5 名将の条件―ライカールトの真理
6 名将論―采配を看破せよ
7 フットボールの正義とはなにか?
8 フットボールはデータに頼るな!
EPILOGUE フットボールは想像を超えるべき存在―あとがきにかえて

著者等紹介

スアレス,ヘスス[スアレス,ヘスス] [Su´arez,Jes´us]
1959年、ウルグアイ、モンテビデオ生まれ。スペインのガリシア州リーグ1部でプレー。引退後は監督養成学校でフェルナンド・バスケスに学び、監督ライセンスNIVEL2(日本のA級ライセンスに相当)を取得。地元ラ・コルーニャではラジオでサッカー番組のパーソナリティーを務める。ワールドサッカーダイジェストでは、スペインのコラムを担当して20年以上。スペクタクル論者としてネット上でも人気で、舌鋒の鋭さには定評がある

小宮良之[コミヤヨシユキ]
1972年、横浜生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大学に留学。卒業後、語学力を駆使してスポーツライターとして活動。2001年からバルセロナに渡り、五輪、ワールドカップを取材後、2006年から日本に拠点を移す。2018年には「ラストシュート 絆を忘れない」(角川文庫)で小説家としてもデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。