高校ラグビーは頭脳が9割

個数:

高校ラグビーは頭脳が9割

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年04月18日 19時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784809415371
  • NDC分類 783.48
  • Cコード C0075

内容説明

「強豪校」が強くいられる本当の理由。「ラグビーセンス」が高まる強化書。

目次

第1章 湯浅泰正監督(京都成章高校)
第2章 藤田雄一郎監督(東福岡高校)
第3章 藤原秀之監督(桐蔭学園高校)
第4章 竹田寛行監督(奈良県立御所実業高校)
第5章 湯浅大智監督(東海大学付属仰星高校)

著者等紹介

斉藤健仁[サイトウケンジ]
1975年生まれ。千葉県柏市育ち。ラグビー部だった高校時代はタックル好きのフルバック。大学では文学部で西洋史を専攻。メーカーの営業を経て、スポーツライターの道へ。新聞や雑誌、Webでラグビーやサッカーといったフットボールを中心に取材、執筆。ラグビーでは社会人2チームのHPを担当するなどトップリーグと日本代表を中心に取材。ワールドカップは過去4大会で現地に赴き、“エディー・ジャパン”のテストマッチはホームもアウェイも全57試合、現地取材を行った。ラグビー専門Webマガジン『Rugby Japan365(ラグビージャパン365)』と『高校生スポーツ』の記者も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

今は「高校ラグビー」が熱い!とくに、大一番の「花園」が開催される12月からが一番の売り時!本書は、全国の強豪5校(神奈川・桐蔭学園、京都成章、奈良・御所実業、大阪・東海大仰星・東福岡)を取り上げる。強豪が強豪たる理由を監督や選手の話と共に書き記した。 指導者・プレーヤー必読の一冊!