アート・ビギナーズ・コレクション<br> もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品 (改訂版)

個数:

アート・ビギナーズ・コレクション
もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品 (改訂版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 10時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784808709341
  • NDC分類 721.4
  • Cコード C0071

目次

序章 市場を逃れて自然を描く―商人から画家へ
第1章 最初から個性的―初期作品
第2章 東アジア花鳥画史のモニュメント―動植綵絵
第3章 単色デザインの斬新さ―水墨画と版画
第4章 最後まで衰えない画力―物好きの晩年

著者等紹介

佐藤康宏[サトウヤスヒロ]
1955年、宮崎県生まれ。東京国立博物館資料課、文化庁美術工芸課勤務を経て、現在、東京大学教授。主な研究分野は、室町時代末から江戸時代初めにかけての風俗画、また南画や伊藤若冲・曾我蕭白などの画家を中心にした江戸時代の絵画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れみ

82
若冲展鑑賞の前に再読。なんといっても「動植綵絵」をはじめとする色鮮やかでダイナミックで緻密な作品の数々にドキドキさせられる。若冲に興味を持ったのはドラッガーコレクション展で見たごくシンプルな水墨画だったけど、鮮やかな色をたくさん使っていたり対象物が画面いっぱいに細々描かれていたりするのに煩く感じないこのバランス感覚、本当にすごいと思う。2016/05/11

れみ

79
江戸時代の画家・伊藤若冲の作品と生涯を紹介する本。今まで名前はよく見聞きするわりにあまり作品を見てこなかったけど、それがもったいなかったなあと思うくらい、とにかく「動植綵絵」30幅がどれも本当にすごい。今は宮内庁の所蔵になっていて全てをいっぺんに見ることはできないみたいだけど、少しずつ目にする機会を作っていけたらと思った。2015/08/08

けろりん

31
【アートに触れる10月】伊藤若冲は、自分の絵の価値がわかる人を千年待つといったそうです。強烈な自意識と卓越した技を持った絵師の生涯と作品を、美しい写真と平易かつ多角的な解説で紹介した一冊。様式と因習に雁字搦めになり、売れる画を描く事に汲々となる凡百と一線を画し、対象物を見据え、執拗なまでに精緻に丹念にその本質までを画布に写し取る若冲の画業は、恵まれた経済的基盤に裏打ちされた物でもあったでしょう。最高の画材を用い、買主に媚びる事なく自らの美学を追求した絢爛たる極彩色の花鳥画の斬新さに圧倒されました。2018/10/05

ヴェネツィア

29
あらためて若沖の天才に驚かされる。鶏をはじめとした色彩の奔流に、あるいは中国絵画の構図を借りているようでいながら、それでいて独自な視点とスタイルを生み出していったことに。これからは若沖の研究書も次々に出てくるだろうが、現行のものでは、簡便なようでありながら本書の有用性は高い。2012/04/10

ツキノ

22
若冲展の前後にじっくり読む。著者は「若冲について卒論を書き、美術史の専門家になるために大学院に進学した日本で最初の学生」を自認する専門家。若冲が生きた江戸中期の文化の意義もわかる。読めてよかった本。2016/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4015764
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。