アート・ビギナーズ・コレクション<br> もっと知りたい世紀末ウィーンの美術―クリムト、シーレらが活躍した黄金と退廃の帝都

個数:

アート・ビギナーズ・コレクション
もっと知りたい世紀末ウィーンの美術―クリムト、シーレらが活躍した黄金と退廃の帝都

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 14時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 95p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784808708665
  • NDC分類 702.34
  • Cコード C0071

目次

序章 世紀末ウィーンを読み解く6枚のカード(帝国都市ウィーン;多民族都市ウィーン;人物都市ウィーン;音楽都市ウィーン;ウィーン気質;ウィーンとユダヤ人)
第1章 世紀末への胎動(ビーダーマイヤーの時代と芸術;リングシュトラーセの時代;時代の寵児ハンス・マカルト;ウィーン万博博覧会;ウィーンのジャポニスム;ウィーンのカフェ文化)
第2章 新しい美の創造(ウィーンの自然主義と印象主義;分離派;クリムトと世紀末芸術;ウィーン工房;世紀末建築)
第3章 世紀末の夢の終り(エゴン・シーレ;オスカー・ココシュカ;オーストリア表現主義;悲劇の皇室;ウィーン世紀末の終焉)

著者等紹介

千足伸行[センゾクノブユキ]
1940年東京生まれ。東京大学文学部卒業。TBS(東京放送)を経て国立西洋美術館に勤務。1970‐72年、西ドイツ(当時)政府給費留学生としてドイツに留学。1979年より成城大学文芸学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

391
シリーズの画家別にまとめられたものとは、趣きも編集方針も随分と異なる。すなわち、ここでは世紀末ウィーンの持つ独特の社会性、及び文化全般を有機的に語ろうとするのである。こと絵画に限って言えばやはりクリムト、シーレ、ココシュカということになるだろう。そして、建築の分野ではオットー・ワーグナー、オルブリヒ、ホフマン等が活躍し、音楽界にはマーラー、シェーンベルク等が。さらにはかのフロイトもウィーンにいたのである。なんとも絢爛豪華、かつここウィーンにしかない文化が一斉に花開いたことか。それはまた危険な耽美であった。2021/03/12

石油監査人

15
「世紀末ウィーンの美術」を読みました。この本では、19世紀末の分離派の盛衰を、当時のウィーンの政治状況や時代背景、ハプスブルク家の歴史なども交えて解説しています。クリムトやシーレなどの絵画の話題が中心ですが、ウィーン工房の家具やファッション、デザイン、そして、オットー・ワグナーに代表される分離派の建築についても、ページが割かれていて、興味深く読むことが出来ました。また、ウィーン工房の仕事を日本に伝え、近年、評価が高まっている上野伊三郎・リチ夫妻の事も紹介されていて、いずれ、作品を見たいと感じました。2021/02/10

またの名

11
その名も『自慰』という題名通りの自画像を描いたシーレを、百合萌えロリコン男として紹介。幼女誘拐容疑で逮捕されたが弁護の余地はあるグレーなシーレ特集の隣に、自他ともに認める筋金入りロリ&ショタコン文学者アルテンベルクと建築家ロースを掲載する本書が見せるウィーンは、人々が政治や社会の改革に無関心で官能的な喜びのことしか考えてない芸術都市。マーラーから妻アルマを奪ったもののフラれて彼女そっくりな人形を造らせ慰めとした画家ココシュカの三角関係話などが溢れる街で、フロイトが登場したのは必然だと言われても違和感ナシ。2016/10/15

もっちゃか

10
代表的な画家や歴史的背景など、幅広い内容がわかりやすく解説されていて、世紀末ウィーンの空気感がよく伝わってきます。内容の充実とわかりやすさを同時に成立させているところがすごいです。2013/05/08

クサバナリスト

7
国立新美術館のウィーンモダン展に行くための予習。2019/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/230821

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。