精神の非植民地化―アフリカ文学における言語の政治学 (増補新版)

個数:

精神の非植民地化―アフリカ文学における言語の政治学 (増補新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月21日 23時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 320p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784807410156
  • NDC分類 994
  • Cコード C0097

内容説明

「アフリカ人作家はアフリカ諸言語と一つにならなければならない」英語で書く作家からアフリカの民族語で書く作家へ。21世紀。アフリカの自立、人間と文化の解放の道をさぐる。ノーベル文学賞候補グギ・ワ・ジオンゴの言語・文学・文化論。

目次

新版のための二つの補論
序論 たたかいの普遍言語のために
1 アフリカ文学の言語
2 アフリカ演劇の言語
3 アフリカ小説の言語
4 関連性の探求

著者等紹介

グギ・ワ・ジオンゴ[グギワジオンゴ][Ngugi wa Thiong’o]
1938年、植民地下ケニアの農村に生まれる。少年期にマウマウ反英独立戦争を経験。マケレレ大学(在ウガンダ)時代から書き始め、自伝的小説『泣くな、わが子よ』(1964)は東アフリカ最初の英語小説。その他書多数。バイロイト大学、エール大学、ニューヨーク大学などを経て、現在カリフォルニア大学アーヴァイン校終身教授

宮本正興[ミヤモトマサオキ]
1941年兵庫県生まれ。現在、中部大学国際関係学部国際文科学科教授。大阪外国語大学名誉教授。専門は、アフリカ地域研究(言語・文学・歴史)

楠瀬佳子[クスノセケイコ]
1945年高知県生まれ。現在、京都精華大学人文学部教授。専門は、アフリカ文学、女性学。アフリカ、女性学関連の編・著・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。