プロ野球スカウトの裏話 トリ物帖―元ヤクルトスワローズチーフスカウト鳥原公二

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

プロ野球スカウトの裏話 トリ物帖―元ヤクルトスワローズチーフスカウト鳥原公二

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 22時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784807265596
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C2075

目次

第1章 スカウト活動の裏話1(長嶋一茂1987年―一茂は“大物”だった;川崎憲次郎1988年―スカウト第一号の川崎憲次郎が2年生でビックリ ほか)
第2章 現役時代(プロ初アウトは王貞治さんから;宮崎商業から東洋紡岩国に入社 ほか)
第3章 スカウトとは(スカウトは人脈づくりに地道な作業が大切;夏は暑く、春は寒い甲子園視察 ほか)
第4章 スカウト活動の裏話2―チーフスカウトになってから(松岡健一2004年―上手くいった松岡健一の逆指名;村中恭兵2005年―衝撃を受けた村中恭兵と評価の低かった川端慎吾 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マッちゃま

14
ヤク中2冊目はチーフスカウトの著書。自身が関わった1987年から2016年にヤクルトがドラフトで指名した、又は指名しようとした選手について語る内容。快心の指名もあれば、クジ運無く取れなかった選手、土壇場で余所の球団に横取りされた選手、指名したかったが諸事情で指名できなかった選手などが紹介されております。本書で紹介された時期には僕もプロ野球にハマってましたし、出てくる選手名に懐かしさや、様々なエピソードに「そんな事があったんだ」と感嘆したりでした。プロ野球という世界には多くの人が関わってると実感しました。2020/11/07

金吾

14
○20年に渡るヤクルトのスカウトとしての体験をまとめたもので、あっさり書いていますが当事者ならではの話もあり面白かったです。2020/10/24

てつ

1
⭐︎3.02020/11/27

dogmomoclo

0
深く突っ込んだものを期待していたから。どうにもこうも一人一人の選手の内容が薄くてがっかり。 プロ野球本,スカウト裏話本としてはイマイチだった。2021/01/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16476860

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。