魚と人の知恵比べ―フライフィッシングの世界

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

魚と人の知恵比べ―フライフィッシングの世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月05日 16時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 296p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784806716501
  • NDC分類 787.1
  • Cコード C0075

出版社内容情報

竿、よいライン、リール、ウェーディング、昆虫とフライ、作家たち。
英国、日本、北米、ロシア、中国――世界の川を釣行して、
答えのない問いを発し続ける悦楽を描き、「人生の時間」の意味を鮮やかに浮き彫りにする。

疑似餌(フライ)を使って魚と向き合うフライフィッシング。
紀元前に始まり今日スポーツとして親しまれるその歴史から、
竿やフライの進化、文学者が好んで描いた釣り、魚に与えるストレスの問題まで、
フライフィッシングがもつ奥深い世界に浸り、自然と深く関わる方法を探る。

内容説明

疑似餌を使って魚と向き合うフライフィッシング。紀元前に始まり今日スポーツとして親しまれるその歴史から、竿やフライの進化、文学者が好んで描いた釣り、魚に与えるストレスの問題まで、フライフィッシングがもつ奥深い世界に浸り、自然と深く関わる方法を探る。

目次

序章 ビッグウッド川のトルストイがいない冬
なぜ釣りをするのか?
難しく釣る
思考する獲物
フライフィッシングの始まり
アメリカのフライフィッシング
何と言ってもフライ
竿という悦楽
リールの話
よい針、よいライン
川に立ち込む
女性釣り師
答えのない問い
作家と釣り
終章 ブラックウォーター川のイェイツ

著者等紹介

カーランスキー,マーク[カーランスキー,マーク] [Kurlansky,Mark]
アメリカ・コネチカット州ハートフォード出身のベストセラー作家。1998年ジェームズ・ビアード賞(料理界での業績を表彰する賞)、2006年『ボナペティ』誌フードライター・オブ・ザ・イヤー、2007年デイトン文学平和賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

2
ふむ2023/07/13

森田健作

1
非常に退屈な本だった…2023/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20854063
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。