海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

海鳥と地球と人間―漁業・プラスチック・洋上風発・野ネコ問題と生態系

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月16日 07時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784806716297
  • NDC分類 488.6
  • Cコード C0045

出版社内容情報

海上と陸地を自在に行き来する海鳥の、知られざる生態と人間活動との関わり。

恐竜の時代から海洋に進出し適応してきた海鳥。
漁獲量と同じ量を食べる海洋生態系の重要なメンバーだが、
近年急激にその数を減らしている。

海洋生態系を支える海鳥の役割と、漁業による混獲、
化学物質やプラスチックによる海洋汚染、洋上風力発電への衝突事故など、
人間活動が海鳥に与えるストレス・インパクトを、
世界と日本のデータに基づき詳細に解説する。

内容説明

恐竜の時代から海洋に進出し適応してきた海鳥。漁獲量と同じ量を食べる海洋生態系の重要なメンバーだが、近年急激にその数を減らしている。海洋生態系を支える海鳥の役割と、漁業による混獲、化学物質やプラスチックによる海洋汚染、洋上風力発電風車への衝突事故など、人間活動が海鳥に与えるストレス・インパクトを、世界と日本のデータに基づき詳細に解説する。

目次

第1部 海鳥の減少とその原因
第2部 漁業活動の影響
第3部 海洋汚染の影響
第4部 繁殖地および海岸におけるかく乱
第5部 海鳥保全の具体的取り組み
第6部 海鳥を利用した海洋生態系の監視

著者等紹介

綿貫豊[ワタヌキユタカ]
長野県生まれ。北海道大学大学院1987年修了(農学博士)。国立極地研究所助手、北海道大学農学部准教授を経て、北海道大学大学院水産科学研究院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まえぞう

19
海鳥に人間が与えるインパクトを、漁業、海洋汚染、繁殖地環境の悪化から説明し、その緩和方法を述べるとともに、海鳥を使った環境モニタリングの可能性に言及します。学術的な内容が中心で、お話しとしての面白味には欠けますが、データに基づく客観的な記載になっていると思います。2022/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18885359

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。