先生、脳のなかで自然が叫んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学・番外編

個数:
  • ポイントキャンペーン

先生、脳のなかで自然が叫んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学・番外編

  • 小林 朋道【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 築地書館(2018/09発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • 提携先に79冊在庫がございます。(2018年09月22日 10時10分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784806715665
  • NDC分類 481.7
  • Cコード C0040

内容説明

幼いホモ・サピエンスの一見残酷な虫遊びには意味があるのか。生物の擬人化は、ヒトの生存・繁殖に有利なのか。生き物の習性・生態に、ヒトが特に敏感に反応するのはなぜか。アカネズミとドングリの関係、ニホンモモンガの暮らし、キャンパスでの動物との出会い、子どもたちとの自然教室での実験などをまじえ、動物行動学と脳のクセから考える。

目次

第1章 もし、あなたがアカネズミだったなら?―「擬人化」はヒトの精神と自然とのつながりを醸しだす
第2章 ノウサギの“太腿つきの脚”は生物か無生物か―子どものころの生物とのふれあいが脳に与える影響
第3章 幼いホモ・サピエンスはなぜダンゴムシをもてあそぶのか―脳には生物の認識に専門に働く領域がある!
第4章 ポケモンGOはなぜ人気があるのか―推察する、探す、採集する、育てる、自慢する…狩猟採集生活がそこにある!?
第5章 狩猟採集民としての能力と学習の深い関係―ヒトの脳は、生物の「習性・生態」に特に敏感に反応する
第6章 古民家にヤギやカエルとふれあえる里山動物博物館をつくりませんか?―ヒトの心身と自然と文化の切っても切れないつながり

著者等紹介

小林朋道[コバヤシトモミチ]
1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。2015年より公立鳥取環境大学に名称変更。専門は動物行動学。これまで、ヒトも含めた哺乳類、鳥類、両生類などの行動を、動物の生存や繁殖にどのように役立つかという視点から調べてきた。現在は、ヒトと自然の精神的なつながりについての研究や、水辺や森の絶滅危惧動物の保全活動に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ小林少年は、大自然とのつきあいのなかで、すばらしい学び手となれたのか――ヒトの精神と自然とのつながりから読み解く自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を描く、
大人気「先生!シリーズ」の著者、コバヤシ教授の自然へのまなざしは、
どのようにして培われてきたのか。

幼いホモ・サピエンスの一見残酷な虫遊びには意味があるのか、
生物を擬人化することは、ヒトの生存・繁殖に有利なのか、
生き物の習性・生態に、ヒトが特に敏感に反応するのはなぜか、
アカネズミとドングリの関係、
ニホンモモンガの暮らし、
大学キャンパスでの動物との出合い、
子どもたちとの自然教室での実験などをまじえて、
動物行動学と脳のクセから考え、
「先生!シリーズ」の底を流れる、ヒトの精神と自然とのつながりを読み解く。

「先生!シリーズ」をより深く楽しむための必読書。

はじめに

第1章 もし、あなたがアカネズミだったなら?
   「擬人化」はヒトと自然の精神的なつながりを醸しだす

第2章 ノウサギの“太腿つき脚”は生物か無生物か
   子どものころの生物とのふれあいが脳に与える影響

第3章 幼いホモ・サピエンスはなぜダンゴムシをもてあそぶのか
    脳には生物の認識に専門に働く領域がある!

第4章 ポケモンGOはなぜ人気があるのか
   推察する、探す、採集する、育てる、自慢する………狩猟採集生活がそこにある!?

第5章 狩猟採集民としての能力と学習の深い関係
    ヒトの脳は、生物の「習性・生態」に特に敏感に反応する

第6章 古民家にヤギやカエルとふれあえる里山動物博物館をつくりませんか?
    ヒトの心身と自然と文化の切っても切れないつながり

小林 朋道[コバヤシ トモミチ]
著・文・その他