マリファナはなぜ非合法なのか?

個数:

マリファナはなぜ非合法なのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 09時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784806714149
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C0036

内容説明

マリファナと酒をさまざまなデータをもとに徹底比較。マリファナ使用の歴史、禁止の社会的背景、大衆文化での描かれ方などを解説しながら、マリファナを酒や煙草と同じ政府が課税、統制する一般の嗜好品にするというマリファナ合法化の具体的な方法を提示する。

目次

1 “選択肢”マリファナか、酒か(“二つの主役”マリファナと酒は人々にどう受け入れられ、使用されているか;“マリファナ入門”マリファナを理解しよう ほか)
2 奪われた選択肢(“「マリファナの狂気」騒動”マリファナ禁止の起源;“事実確認”マリファナについての、よくある作り話とその真実 ほか)
3 選択の自由(“これ以上は要らないだろう”従来のマリファナ法廃止論;悪習慣を増やすのではなく、代替案を提示する ほか)
付録 「マリファナのほうがもっと安全」というメッセージを広める

著者等紹介

フォックス,スティーブ[フォックス,スティーブ][Fox,Steve]
マリファナの合法化を主張するアメリカ最大の団体MPP(Marijuana Policy Project)の代表。2002~2005年にかけ、連邦議会にロビー活動を展開。また2005年には、SAFER(Safer Alternative for Enjoyable Recreation)の共同発起人となり、その発足当初から指導的立場で活動している。タフツ大学(米マサチューセッツ州)とボストンカレッジ・ロースクールを卒業

アーメンターノ,ポール[アーメンターノ,ポール][Armentano,Paul]
マリファナ法の改正を求める全米組織NORML(The National Organization for the Reform of Marijuana Laws)及びNORML基金の副代表。マリファナ政策、健康、薬理学に関して全米に知られた専門家として、数多くの全米会議や法律セミナーで講演しているほか、州議会、連邦政府関係機関で証言している。全米放送のラジオ番組「Dr.Drew Live」に定期的に出演

トヴェルト,メーソン[トヴェルト,メーソン][Tvert,Mason]
マリファナは酒より安全であるという客観的事実に的を絞ってキャンペーンを展開する組織、SAFER(Safer Alternative for Enjoyable Recreation)とSAFER有権者啓蒙基金の共同発起人であり、事務局長。頻繁にニュースに登場し、「マリファナは酒よりも安全である」というメッセージの普及のため全米を飛び回る。自宅のあるデンバーでは、ジョン・W・ヒッケンルーパー市長の任命により、市のマリファナ政策審査委員を務める

三木直子[ミキナオコ]
東京生まれ。国際基督教大学教養学部語学科卒業。外資系広告代理店のテレビコマーシャル・プロデューサーを経て、1997年に独立。海外のアーティストと日本の企業を結ぶコーディネーターとして活躍する傍ら、テレビ番組の企画、クリエイターのためのさまざまなワークショップや、スピリチュアル・ワークショップなどを幅広く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mame_maki

2
マリファナとアルコールを比較しマリファナの方が安全だと語っている。が、マリファナは法で禁じられ愛用者が限られているのでちょっと違う気がする。マリファナでは『高くはない・・・影響する事もある・・・比較的・・・それほど・・・はるかに・・・』などぼやかした言い回しが気になりました。マリファナが近くにある環境に無いので私にはこの本を読んで『マリファナはアルコールよりも安全である』と言う話は理解できません。しかし、法で禁じられているにもかかわらずかなりの人が一度は試した事があると言うアメリカ恐るべし!2011/02/28

approach_ys

1
大麻はアルコールよりも安全。これが本書のスローガンであるように感じた。現代社会は発展して科学的な目線を獲得しているようで、嘘が平然と流布している世の中に対抗していきたい。2017/06/01

ソノダケン

1
俺は大酒飲みだが、であるがゆえに、なんてコスパの悪い嗜好品かと日々痛感している。なので、マリファナはありとあらゆる面で酒より安全だとゆう主張に納得できた。マリファナ合法化待ったなし! p214-220は反マリファナ派に対する想定問答集。現状追認しか能がない反マリファナ派は、これを反駁できないだろう。彼らは議論から逃げてるだけだ。2016/11/08

t-1484

1
 マリファナに関する主張はたしかに面白かった。医療大麻の問題もあるが、社会問題の一部をマリファナ解禁によって解決に導くことは可能だと思う。また、アルコール批判の中で面白かったビール会社のロビイングに関する部分は、日本でいえばあらゆるメディアのスポンサーとなり、強大な権限を有していることからも恐ろしさは感じた。(JTが大スポンサーとなっているメディアもあるので、そのへんは同じくだが・・・)。2011/07/24

なの

0
改めて考えると、酒って結構やばい薬物なのだと思った。 タバコを吸って暴力を振るったなんて話聞いたことないし、酒ってデメリット多すぎない?2014/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2289950
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。